脳科学

薬剤耐性てんかん患者への新たなアプローチ:ファシオラ・シネレウムの発見 2024年07月16日
スタンフォード大学が解明!精神病の脳内メカニズム 2024年06月25日
ショウジョウバエの脳におけるナビゲーションの仕組みを解明 2024年04月24日
特定の脳細胞を活性化するとマウスの寿命が延びることを発見 2024年03月28日
希少脳細胞を一網打尽 - アルツハイマー病の新たな手掛かり 2024年03月20日
UWマディソンで開発された幹細胞技術が自閉症リスクの新たな理解に貢献 2024年03月13日
マウス脳全体の細胞アトラス完成:未来の神経科学研究への道 2024年03月07日
細胞外小胞を通じた胎盤と胎児脳のコミュニケーションの秘密 2024年02月27日
音でエンコードされた顔は盲目の人々の脳でどのように処理されるか? 2024年01月28日
脳内ノルアドレナリンシステムの解明に先駆的な新手法を用いる-「ヒトの脳回路の機能解明へのマイルストーン」となる研究成果 専門家コメント 2023年12月21日
乗り物酔いの原因となるニューロンが特定された 2023年12月20日
妊娠中の脳は”再配線”され、母親としての役割に備えることが判明 2023年11月29日
新技術で脳細胞の老化を追跡:脳の老化プロセスを理解する新たな手段 2023年11月22日
脳細胞の環状RNA研究から、神経疾患に関する新たな知見が得られた 2023年11月08日
新種の細胞:グルタミン酸性アストロサイトが発見され、神経科学界に衝撃が走る 2023年10月10日
相対性理論から脳科学へ:時間認識の秘密に迫る最新研究 2023年08月09日
相貌失認はこれまで考えられていたよりも多くの人で発症することが判明 2023年03月23日
脳を保護し感染や炎症を監視する脳の構成要素が発見された 2023年01月31日
シングルセルRNAシーケンスを用い、アルツハイマー病などの認知機能障害における脳脊髄液の役割が明らかに。 2023年01月17日
非受容体型チロシンキナーゼが、アルツハイマー病や多発性硬化症などの神経変性疾患と闘う脳の能力を高める鍵を握る可能性。 2022年11月14日
失読症に関連する42のDNA変異を大規模遺伝子研究で特定。両手利きとの関連も明らかに。 2022年11月08日
社会・環境シグナルに反応して攻撃性を抑制するnervy遺伝子をミバエで発見。 2022年10月07日
神経細胞の形成促進により、アルツハイマー病のマウスの記憶が回復。ニューロンの生産を高めることがアルツハイマー病患者の治療戦略として有効である可能性が示唆された。 2022年09月14日
マイクロRNA(miRNA-137)がヒポクレチン量を調節し、睡眠時間に影響を与えることを発見 2022年05月25日
コロンビア大学主導の研究で、多くの神経変性疾患に共通項がある可能性が示唆された 2022年04月04日
ボストン大学の研究者により、脳が感覚情報を認識する仕組みとその仕組みが誤作動するメカニズムを解明 2022年01月30日
ミニ脳オルガノイドによって統合失調症発症の初期過程が解明された 2022年01月20日
カリフォルニア大学デービス校の研究者らは、海馬の神経細胞に見られる不思議な構造の機能を解明した。カルシウムシグナルのホットスポットが遺伝子の転写を活性化し、神経細胞が重要なタンパク質を産生することを可能に。 2021年12月16日
MITの研究で、顔に反応する脳の重要な領域がこれまで考えられていたよりもはるかに早い乳児期に形成されることが示唆された。 2021年12月14日
MITの研究で、ヒトと他の哺乳類の神経細胞に顕著な違いがあることが判明 2021年12月02日
ロックフェラー大学の研究により、匂いを認識する受容体の仕組みに光が当てられた 2021年08月31日
匂いが強力に記憶を誘発する理由とは?新研究で初めて神経基盤を特定 2021年04月05日
タウタンパク質の『もつれ』がアルツハイマー病の脳でどのように発達するのかが明らかに。 2021年02月22日
網膜神経節細胞の分子カタログ化で、視覚刺激を行動に変換する脳のメカニズムに迫る 2021年01月11日
ヒトの読書能力は下側頭葉皮質のリサイクルがもたらしたとの仮説をMITの神経科学者が提唱 2020年09月11日
体内の正確な場所でガス状メッセンジャー分子を生成する新手法を開発 2020年07月27日
運動が脳力を高めることを、認知神経科学の新研究が示唆 2020年06月28日
視力を失った人の大脳皮質視覚野への動的電気刺激で、形状視覚と文字識別を生み出したとの研究成果がCellで発表 2020年05月24日
赤ちゃんと大人の脳は遊びを通じて同期していることがプリンストン大学の研究者チームによって証明された 2020年02月06日
脳の特定領域の深部脳刺激(DBS)が治療抵抗性の鬱病患者に長期間強力な抗鬱効果をもたらした 2019年10月19日
MS4A4A遺伝子変異体は可溶性TREM2レベルに影響し、アルツハイマー病のかかり易さに影響を与える 2019年09月03日
人間性とは何か?新種のヒト脳細胞(ローズヒップニューロン)が同定される 2018年09月20日
新発見の脂質メディエーター (Elovanoids) が脳を卒中や神経変性疾患から護っている可能性 2018年02月12日
ヒツジは平面画像から人間の顔を認識できる 2018年02月12日
偏頭痛には脳脊髄中のナトリウム濃度が関与している 2018年02月12日
食欲制御は脳神経細胞の一次繊毛でのシグナル伝達に依存と判明 2018年02月12日
100以上の記憶関連遺伝子が同定される 2017年05月16日
人の脳で両親の遺伝子の発現に差があることが判明 2017年04月11日
スクリプス研究所が腸の脂肪を燃やす脳ホルモン (FLP-7) を発見 2017年03月22日
ハーバード大学の研究チームが多域Brain-on-a-Chipを新開発 2017年02月17日
双生児の研究で遺伝子が脳の構造発達に及ぼす影響が調査される 2016年11月21日
スクリプス研究所の研究者ら、動物モデルでアルコール依存症の消滅に成功 2016年11月21日
ニューロン活動を撮影する超小型頭部埋込蛍光顕微鏡開発にNIHが230万ドルの助成金 2016年07月30日
脳のバイオマーカーで3種の精神病バイオタイプを特定 2016年07月29日
危険な状況でバソプレシンがヒトの協力関係を強化することが判明 2016年07月29日
ノーベル受賞者、「MicroRNAやpiRNAは、細胞核中の転写、シナプスの局所的翻訳などの協調的調節に関わっている」と発表、Neuroscience 2013にて 2016年05月09日
損傷、負傷後に自分自身をリワイヤする脳 2016年05月09日
学習や薬物乱用などの経験が脳の行動に遺伝的痕跡 - Neuroscience 2013 2016年05月08日
ミラーマイクロRNAが複数の脳機能に関与する 2016年04月19日
ほんの一握りの遺伝子およびタンパク質により神経ネットワークは作成されている 2016年04月14日
ティーンエイジャーの薬物乱用は脳内ネットワークに起因―大規模臨床研究で明らかに 2016年04月12日
USP9X遺伝子が脳の発達に重要な役割 2016年03月27日
脳の特定領域と飲酒傾向の関係究明近づく 2016年03月26日
快い夢を悪夢に、悪夢を快い夢に - ノーベル賞受賞者とMIT研究チームが記憶の情動連合反転に見事な手法 - 精神障害治療にも応用可能か 2016年03月25日
脳神経回路の新発見が「弱視」治療に役立つ可能性 2016年03月25日
NIH、BRAIN Initiativeに初回4,600万ドルの資金 2016年03月24日
グリア細胞からもニューロンに情報伝達 2016年03月24日

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill