アーカイブ
2019年 12月 04

ASEMV 2019年次総会・4日目

ASEMV 2019年次総会の四日目のセッションも多くのエキサイティングなプレゼンテーションが行われた。 Capricor Therapeutics社のLuis…
2019年 11月 28

ASEMV 2019年次総会・2日目

Monzon 博士は、EVの研究が成熟するにつれて、関連する測定技術も進化する必要があると指摘した。 彼は、EVの定量化のためのナノ粒子追跡分析(Nanoparticle…
2017年 3月 27

MARK FISCHER-COLBRIE

「炉端雑談部会」では、LabcyteのPresidentであり、CEOを務めるFischer-Colbrie氏が、GE Ventures, Health Care…
2017年 3月 27

IRV WEISSMAN

Dr. Weissmanのプレゼンテーションは、「Immunotherapy: Immuno-Checkpoint Inhibitors and…
2017年 3月 27

LEROY HOOD

長年、生物学とバイオテック・エンジニアリングの分野で発明の才と先見の明を知られたDr. Hoodは、最近には将来の医薬、特にP4医療 (predictive…
2015年 1月 28

EVによる生体分子移動の多様性

スタンフォード大学医学部博士研究員、金田正光博士(PhD)は、エキソソームとMVは構造も機能も異なるものであることを発表した。この結果が確証され、認められれば、現時点ではまだ謎の多…
2015年 1月 28

炎症性胃腸炎患者における管腔内EV

三橋マサト博士はカリフォルニア州アールバイン、NanoSomiXのチーフ研究員で、元日立化学研究所の主幹研究員(カリフォルニア州ロサンゼルス)である。彼は、炎症性胃腸炎のクローン病…
2015年 1月 26

EV介するmiRNA伝達をガン治療に活用

ジョン・ホプキンズ大学医学部准教授のフロリン・セラルー博士によって発表されるはずであった本プレゼンテーションは、諸事情によりASEMV代表のゴールド博士によって発表された。トピック…
2014年 12月 01

更なる発見に向けて

膨大なデータの討議に続いて会議は、19日、20日、21日と続き、22日朝になった。この日も幅広く人類遺伝子に関する素晴らしいプレゼンテーションやポスター展示など、刺激に満ちた時間だ…
2014年 11月 26

膨大なデータと膨大な遺伝学

19日午前には活発な相互交流が見られた。3人の異なる分野の膨大なデータを抱える専門家がそれぞれの見地から生物学的な問題について語ったのである。講演者は、IBM Watson…

サイトスポンサー