トランスフェクションガイド

各製品ページからお役立ち資料のダウンロードやバイオ研究支援ツールメーカー各社へのお問い合わせが行えます。

140のトランスフェクション条件を一度に比較できます
参照数: 491
お手持ちのCas9導入細胞、プラスミドに高効率でガイドRNA(プラスミドタイプ、RNAタイプ)を導入
参照数: 688
細胞を播種するだけでsiRNAが導入可能なトランスフェクションプレートを受託作製します。
参照数: 783
細胞を播種するだけでプラスミドが導入可能なトランスフェクションプレートを受託作製します。
参照数: 615
260のトランスフェクション条件を一度に比較できます
参照数: 675
PXB-cellsとsiRNAトランスフェクションプレートをワンストップで使用可能
参照数: 714

トランスフェクションについて

トランスフェクションは、遺伝学と細胞生物学のフィールドにおいて、基本的かつ強力なツールとして広く利用されています。この技術は、特定の遺伝物質を細胞内に導入し、その後の遺伝子発現や機能解析を可能にするものです。トランスフェクションの方法は多岐にわたり、それぞれのアプローチが独自の利点と課題を持っています。本ガイドでは、トランスフェクションの基本から、多様な手法とその応用、さらには実験の最適化とトラブルシューティングに至るまで、包括的な視点で概説します。

1. トランスフェクションの基本

a. トランスフェクションの定義と目的

トランスフェクションは、外来の遺伝物質(通常はDNAまたはRNA)を細胞内に導入する実験的手法です。このプロセスは、目的の遺伝子を特定の細胞に導入し、その細胞内での機能や発現を研究するために用いられます。トランスフェクションは、遺伝子機能の解析、タンパク質の生産、細胞の挙動の変更、または治療目的での遺伝子導入に利用されることがあります。

b. トランスフェクションとトランスダクションの違い

トランスフェクションは、非ウイルスベクターを使用して遺伝物質を細胞に導入するのに対し、トランスダクションはウイルスベクターを使用します。両方の手法が遺伝物質の導入を目的としていますが、使用するベクターとその応用範囲に違いがあります。

c. トランスフェクションの方法

多くのトランスフェクション方法が存在し、それぞれが特定の細胞タイプやアプリケーションに最適化されています。例えば、リポソームメディエートのトランスフェクション、電気穿孔、カルシウムリン酸塩法などがあります。これらの方法は、それぞれ異なるメカニズムと効率を持ち、選択する方法は実験の目的や使用する細胞タイプに依存します。

d. トランスフェクションの課題と最適化

トランスフェクションは、細胞タイプ、使用する遺伝物質、および選択された手法によって、その効率と毒性が大きく異なります。したがって、トランスフェクションの条件を最適化し、細胞の生存率を保ちながら効率的な遺伝物質の導入を実現することが、多くの実験で重要な課題となります。

e. トランスフェクションの応用

トランスフェクションは、基礎研究から治療応用まで、広範な分野で利用されています。これには、遺伝子の機能解析、タンパク質発現の研究、細胞シグナリングの解明、遺伝子治療の開発などが含まれます。

 

2. リポソームを使用したトランスフェクション

a. リポソームメディエートトランスフェクションの概要

リポソームを使用したトランスフェクションは、リポソームと呼ばれる脂質の小胞を利用して、DNAやRNAを細胞内に運び込む技術です。リポソームは、脂質二重層で構成され、水溶性の物質(この場合、遺伝物質)を内部に取り込むことができます。

b. リポソームの形成と遺伝物質の取り込み

リポソームは、特定の脂質(しばしばカチオン性)を水溶液中で混合することによって形成されます。遺伝物質は、リポソーム溶液に添加され、カチオン性脂質が遺伝物質のアニオン性リン酸基と相互作用し、リポソーム内に取り込まれます。

c. 細胞へのリポソームの導入

リポソームは細胞と融合する能力を持ち、これによってリポソーム内の遺伝物質が細胞内に放出されます。このプロセスは、細胞膜とリポソーム膜の融合を通じて行われ、結果として遺伝物質が細胞質に直接放出されます。

d. リポソームトランスフェクションの利点と制約

リポソームを使用したトランスフェクションは、比較的簡単で効率的な方法であり、多くの細胞タイプで使用することができます。しかし、一部の細胞(例えば、多くの初代細胞)はリポソームによるトランスフェクションが困難であり、また、トランスフェクション効率は使用するリポソームの種類や細胞タイプに依存します。

e. 応用例と実験設計の考慮事項

リポソームを使用したトランスフェクションは、遺伝子発現の研究、遺伝子ノックダウン実験、または遺伝子のオーバーエクスプレスに使用されます。実験を設計する際には、目的の遺伝物質、細胞タイプ、および実験の目的に最適なリポソーム製品を選択することが重要です。

 

3. 電気穿孔によるトランスフェクション

a. 電気穿孔のプロセスの概要

電気穿孔は、高電圧の電気パルスを細胞に適用し、一時的に細胞膜に微小な穴を作成することで、DNAやRNAなどの分子を細胞内に導入する技術です。この一時的な細胞膜の透過性の増加により、外部からの分子が細胞内に入ることができます。

b. 電気パルスのパラメータ

電気穿孔における電気パルスのパラメータ(電圧、パルス長、パルス数など)は、使用する細胞タイプや目的によって最適化する必要があります。これらのパラメータは、トランスフェクションの効率と細胞の生存率に大きな影響を与えます。

c. 電気穿孔の利点と課題

電気穿孔は、多くの異なる細胞タイプに対して高いトランスフェクション効率を提供することができます。しかし、この方法はしばしば細胞に対して高いストレスを与え、細胞の生存率を低下させる可能性があります。したがって、実験条件の慎重な最適化が必要です。

d. 実験プロトコルの設計

電気穿孔のプロトコルは、使用する細胞タイプ、遺伝物質の種類、および実験の目的によって調整する必要があります。細胞の種類、細胞の状態、使用する電気穿孔装置、および遺伝物質の量と種類を考慮に入れてプロトコルを設計します。

e. 電気穿孔の応用分野

電気穿孔は、遺伝子発現の研究、遺伝子ノックアウトまたはノックダウン実験、細胞の再プログラミング、および細胞の分化研究など、多岐にわたる応用があります。また、この技術は、細胞に大きな分子やナノ粒子を導入するのにも利用されます。

 

4. カルシウムリン酸塩法によるトランスフェクション

a. カルシウムリン酸塩法の基本原理

カルシウムリン酸塩法は、カルシウムイオンとリン酸塩DNAが結合して沈殿を形成し、これが細胞に取り込まれることに基づいています。この沈殿は細胞膜に結合し、エンドサイトーシスを介して細胞内に取り込まれ、最終的にはDNAが細胞質に放出されます。

b. プロトコルの概要

カルシウムリン酸塩法では、遺伝物質を含む溶液とカルシウムクロリド溶液を混合し、この混合物を細胞培養に添加します。カルシウムイオンはDNAと相互作用し、DNAを含む沈殿を形成します。この沈殿は細胞に取り込まれ、DNAが細胞内に放出されます。

c. 利点と制約

カルシウムリン酸塩法は、手順が単純でコストが低いため、大量の細胞をトランスフェクトするのに適しています。しかし、この方法は細胞タイプによっては効率が低く、また、細胞への毒性が問題となる場合もあります。

d. プロトコルの最適化

カルシウムリン酸塩法の効率は、多くのパラメーターに影響を受けます。これには、DNAの濃度、カルシウムイオンの濃度、インキュベーション時間などが含まれます。これらのパラメーターを調整することで、特定の細胞タイプや遺伝物質に対してプロトコルを最適化することができます。

e. 応用と変種

カルシウムリン酸塩法は、遺伝子発現研究や遺伝子ノックダウン実験など、多くの基本的な細胞生物学的アプリケーションに利用されています。また、この基本的な方法は、特定の応用や細胞タイプに合わせて変更や調整を加えることができます。

 

5. ウイルスベクターを利用したトランスフェクション

a. ウイルスベクターの基本

ウイルスベクターを利用したトランスフェクションは、ウイルスの自然な感染能力を利用して遺伝物質を細胞に導入する方法です。ウイルスベクターは、ウイルスのゲノムの一部を目的の遺伝物質で置き換え、細胞に感染させることで、その遺伝物質を細胞内に持ち込みます。

b. ウイルスベクターの種類と特性

ウイルスベクターには、レトロウイルス、アデノウイルス、アデノアソシエイトウイルス(AAV)など、様々なタイプがあり、それぞれが異なる特性と応用を持っています。例えば、レトロウイルスは分裂する細胞に効果的で、AAVは神経細胞に対して高い感染効率を持っています。

c. ウイルスベクターの利点とリスク

ウイルスベクターは高いトランスフェクション効率と特定の細胞タイプへの特異性を持っていますが、安全性の懸念(例えば、挿入変異)や免疫応答の誘発などのリスクもあります。

d. ウイルスベクターの製造と利用

ウイルスベクターの製造は、ウイルスの増殖、ベクターの構築、細胞への感染の3つの主要なステップを含みます。ウイルスベクターを利用した実験では、目的の遺伝物質を運ぶウイルスベクターを細胞に感染させ、その表現を解析します。

e. ウイルスベクターの応用分野

ウイルスベクターは、基礎研究から臨床応用まで広範な分野で利用されています。これには、遺伝子治療、ワクチン開発、遺伝子機能の解析などが含まれます。

 

6. マイクロインジェクション法によるトランスフェクション

a. マイクロインジェクションの基本

マイクロインジェクション法は、細胞の細胞膜を直接貫通して遺伝物質を細胞内に導入する技術です。この方法では、非常に細いガラス製の針(マイクロピペット)を使用して、DNA、RNA、タンパク質などを直接細胞の細胞質または核に注入します。

b. マイクロインジェクションのプロセス

マイクロインジェクションは、通常、顕微鏡下で行われ、マイクロピペットは機械的な装置または手動で操作されます。細胞は固定され、マイクロピペットが細胞膜を貫通し、遺伝物質が細胞内に注入されます。

c. 利点と制約

マイクロインジェクションは、非常に高いトランスフェクション効率と特異性を持っていますが、技術的なスキルと専門的な機器が必要であり、一度に多くの細胞を処理することは難しいです。

d. マイクロインジェクションの応用

マイクロインジェクションは、単一の細胞に対する遺伝物質の導入、細胞のサブコンパートメントへの特異的なデリバリー、および生きた動物の胚への遺伝物質の導入など、多岐にわたる応用があります。

e. 実験設計と考慮事項

マイクロインジェクションを行う際には、注入する遺伝物質の種類と量、細胞のタイプと状態、および実験の目的を考慮に入れて、プロトコルを慎重に設計する必要があります。また、細胞の生存と発現の効率を最適化するための条件を特定するための予備実験が必要かもしれません。

 

7. バイオリスティック法(ジーンガン)によるトランスフェクション

a. バイオリスティック法の概要

バイオリスティック法は、"ジーンガン"とも呼ばれ、高速の微粒子を使用して遺伝物質を細胞に物理的に導入する方法です。金やタングステンの微粒子にDNAやRNAをコートし、これを高圧ガスで細胞に撃ち込むことで、遺伝物質が細胞内に取り込まれます。

b. プロセスと装置

ジーンガン装置は、コーティングされた微粒子を細胞に向けて発射します。これは、ヘリウムガスの高圧パルスを使用して微粒子を加速し、細胞サンプルに向けて発射します。微粒子は細胞膜を貫通し、遺伝物質を細胞内にデリバリーします。

c. 利点と課題

バイオリスティック法は、硬い細胞壁を持つ細胞や組織、または伝統的なトランスフェクション法が困難なサンプル(例えば、植物細胞)に対して特に有用です。一方で、この方法は細胞に対して物理的なストレスを与え、細胞の生存率を低下させる可能性があります。

d. 実験パラメータの最適化

バイオリスティック法においては、微粒子の材料とサイズ、DNAのコーティング量、発射圧力、および細胞との距離など、多くのパラメータがトランスフェクションの効率に影響を与えます。これらのパラメータは、特定の細胞タイプや実験の目的に応じて最適化する必要があります。

e. バイオリスティック法の応用

この方法は、植物の遺伝子導入、神経細胞のトランスフェクション、および固定化された組織サンプルの遺伝子発現研究など、多岐にわたる応用があります。また、複数の細胞層を持つ組織に対しても遺伝物質を導入するのに利用されます。

 

8. マグネットベースのトランスフェクション

a. マグネットベースのトランスフェクションの原理

マグネットベースのトランスフェクションは、磁気ビーズを利用して遺伝物質を細胞に導入する方法です。DNAやRNAは磁気ビーズに結合され、外部の磁場を使用してこれらのビーズ(および結合した遺伝物質)を細胞に引き寄せ、細胞膜を通過させます。

b. プロトコルの概要

この方法では、まず遺伝物質を磁気ビーズに結合させます。次に、この複合体を細胞培養に添加し、磁場を適用してビーズを細胞表面に引き寄せます。ビーズは細胞膜を通過し、遺伝物質が細胞内にリリースされます。

c. 利点と制約

マグネットベースのトランスフェクションは、非常に効率的で、特定の細胞集団をターゲットにすることが可能です。しかし、この方法は磁気ビーズや適切な設備を必要とし、コストがかかる可能性があります。

d. パラメータの最適化と応用

ビーズのサイズや形状、遺伝物質の量、磁場の強さなど、多くのパラメータがトランスフェクションの効率に影響を与えます。この方法は、特定の細胞サブセットへの選択的な遺伝物質の導入や、in vivoでの使用など、多岐にわたる応用が可能です。

e. 安全性と考慮事項

マグネットベースのトランスフェクションは、一般的には低い細胞毒性を持っていますが、使用するビーズの材料やサイズによっては細胞に影響を与える可能性があります。また、遺伝物質の種類や細胞のタイプによっては、プロトコルの調整が必要になる場合があります。

 

9. ケミカルベースのトランスフェクション

a. ケミカルベースのトランスフェクションの概要

ケミカルベースのトランスフェクションは、化学物質を使用して細胞膜の透過性を増加させ、遺伝物質を細胞内に導入する方法です。このアプローチは、リポソームや他のカチオン性ポリマーを使用して、DNAやRNAを細胞に効率的に運ぶことを目的としています。

b. リポフェクションのメカニズム

リポフェクションは、カチオン性リポソームを使用して遺伝物質を細胞に運びます。リポソームは遺伝物質を包み込み、細胞膜と融合して遺伝物質を細胞内にリリースします。この方法は、一般的に高いトランスフェクション効率を持っています。

c. カチオン性ポリマーの使用

カチオン性ポリマー(例:ポリエチレニミン)も、遺伝物質を細胞に運ぶために使用されます。ポリマーは遺伝物質と結合し、細胞膜を通過して細胞内に遺伝物質を運びます。

d. 利点と制約

ケミカルベースのトランスフェクションは、比較的簡単でコスト効果的な方法ですが、細胞毒性や低いトランスフェクション効率を示す場合もあります。また、細胞タイプによっては、この方法が効果的でない場合もあります。

e. 実験条件の最適化

ケミカルベースのトランスフェクションにおいては、使用するリアゲントの種類と濃度、遺伝物質の量、インキュベーション時間など、多くのパラメータが実験の成功に影響を与えます。これらのパラメータは、特定の細胞タイプや遺伝物質に応じて最適化する必要があります。

f. 応用分野

ケミカルベースのトランスフェクションは、遺伝子発現の研究、遺伝子ノックダウン実験、および遺伝子治療の初期段階の研究など、多岐にわたる分野で利用されています。

 

10. トランスフェクションの最適化とトラブルシューティング

a. トランスフェクションの最適化の重要性

トランスフェクションの成功は、多くの変数に依存しています。これには、使用する細胞のタイプ、遺伝物質の種類と品質、および使用するトランスフェクションリアゲントが含まれます。最適化は、効率的かつ再現可能な結果を得るために不可欠です。

b. パラメータの調整

  • 遺伝物質の濃度: 遺伝物質の量は、トランスフェクション効率と細胞生存率に影響を与えます。
  • リアゲントの量: 使用するリアゲントの量を調整して、最小の細胞毒性で最大のトランスフェクション効率を得ます。
  • インキュベーション時間: 細胞とリアゲントのインキュベーション時間も影響を与えます。

c. 細胞の健康と状態

細胞の健康と状態は、トランスフェクションの成功に極めて重要です。細胞は、トランスフェクション前に適切な密度に達している必要があります。

d. 遺伝物質の品質

遺伝物質(DNA、RNA)は、高品質でなければなりません。不純物や劣化は、トランスフェクション効率を低下させる可能性があります。

e. トラブルシューティングの一般的なステップ

  • 低いトランスフェクション効率: リアゲントの量、遺伝物質の品質、細胞密度を確認してください。
  • 高い細胞毒性: リアゲントの量を減らすか、別のリアゲントを試してください。
  • 非一様な結果: 細胞のサブクローニングやパッシージの違いを確認してください。

f. 特定のトランスフェクション法に対するトラブルシューティング

異なるトランスフェクション法は、それぞれ独自の課題を持っています。例えば、電気穿孔では電気ショックのパラメータ、リポフェクションではリポソームの形成といった特定の側面が重要になります。

g. 実験の再現性

トランスフェクション実験の再現性を確保するためには、プロトコルを厳密にフォローし、細胞のパッシージ数や健康状態を一貫して保つことが重要です。