登録ユーザーの方はログインしてください。出展企業へのお問い合わせや資料ダウンロードが簡単になります。

トリエチルアミン溶離液中でも、 ヌクレオチドをPos.で高感度検出できます


イオン化抑制の改善と付加イオンが無いスペクトル!

核酸及び核酸塩基の測定にも応用可能!


主なポイント


  • 核酸及び核酸塩基の測定にも応用可能
  • 流量 0.2~1.0 mL/min 対応
  • ディスポタイプ
  • UV検出器とMSの間に繋ぐだけの簡単操作

技術情報


イオン対試薬用ソルナック チューブは2タイプ

★ OOAN(カチオン交換) :
トリエチルアミン,ジブチルアミンによるイオン化抑制の改善

★ CAOO(アニオン交換) :
ドデシル硫酸アンモニウム溶離液のオンラインLC/MS測定 揮発性イオン対試薬によるイオン化抑制の改善

使用可能溶離液※1 :アセトニトリル,メタノール,水
使用可能 pH : 2~12

測定不可化合物※2 :
OOAN ・・・ 四級アンモニウム基などを持つ強塩基性化合物
CAOO ・・・ リン酸基,スルホン酸基などを持つ強酸性化合物

20210413-075725







資料ダウンロード


こちらもおすすめ