再生医療/幹細胞研究

感覚を取り戻すスマートバイオニック人工皮膚の開発 2024年07月02日
新しいハイドロゲルが慢性創傷治療に革命をもたらす 2024年06月16日
再生過程における新たな調節因子Bratの役割解明 2024年05月19日
UCLAのエンジニアが開発したウェアラブル装置で声帯障害を持つ人々の声を取り戻す 2024年05月09日
ヒト褐色脂肪細胞の新しい体外産生モデルが肥満と糖尿病の細胞治療の基礎を築く 2024年04月19日
細胞運命の解読:幹細胞スイッチの鍵となるメカニズムが判明 2024年02月07日
サメのユニークな治癒力を解明:スウェーデンの研究チームが新たな道を開く 2023年12月13日
UCLA主導のチーム、心臓損傷の再生治療につながる幹細胞由来のメカニズムを発見 2023年12月06日
アルツハイマー病治療の新展開:幹細胞移植が有望な道 2023年09月10日
アスペン・ニューロサイエンス社、パーキンソン病治療用自己細胞治療薬ANPD001の治験許可申請をFDAより受理されたと発表 2023年09月03日
ドイツ神経変性疾患センターの研究者が「レメディオス・カロ・アルメラ賞」を受賞 | 神経細胞研究の優れた成果 2023年08月15日
再生医療におけるブレークスルー:ビクトリア大学の研究チームがin situバイオプリンティングの最新研究成果を報告 2023年08月08日
幹細胞研究を一変させる"ビレッジ アプローチ":幹細胞研究が100倍効率化 2023年08月01日
NIHの資金援助でUTSWがヒト心臓再生研究を推進。心不全に対する低酸素療法の安全性と有望性を示唆。 2023年07月09日
食事と腸管幹細胞:健康とがんリスクの関係を明らかにする最新研究 2023年06月29日
革新的な糖尿病治療法の展望:胃幹細胞がインスリン分泌細胞に変換可能 2023年06月20日
細胞内の長寿を工学的に制御して老化を遅らせる:酵母細胞の寿命を82%延ばす生合成遺伝子時計を開発 2023年05月30日
白髪の原因はメラノサイト幹細胞の動きの欠如である可能性が示唆された。 2023年05月16日
ヒト細胞の内部設計 20万枚の細胞画像データベースから、細胞がどのように自己組織化するかを見る新手法を開発 2023年01月22日
UCSFの研究者らが、組織再生、傷の治癒、神経再生に役立つ細胞接着剤を合成。この成果は再生医療に活力を与える可能性がある。 2023年01月10日
脊髄組織修復用のハイブリッド生体材料の合成に成功。脊髄損傷治療に応用の可能性。 2022年12月13日
古代の病気(ハンセン病)に肝臓を再生させる潜在能力があることを発見 2022年12月08日
"愛のホルモン" オキシトシンに心臓を癒す作用があることを発見 2022年12月04日
骨本来の環境を模倣した特殊なハイドロゲルにより骨の再生を誘導することに成功 2022年11月16日
セラピューティック・ソリューションズ・インターナショナル社は、CD103を発現する樹状細胞とそのエキソソームが、JadiCell間葉系幹細胞を介した肺の保護に関する新しいメカニズムであることを特定。 2022年10月24日
エピジェネティック治療で損傷後の脊髄再生が改善されることをマウスを用いた研究で発見。遺伝子活性化により軸索伸長、再生シグナル、シナプス可塑性が増加。 2022年10月19日
カリフォルニア大学サンディエゴ校とスペースタンゴ社が、NASAから助成金を獲得し、国際宇宙ステーション(ISS)内に初の幹細胞研究専用ラボの開設へ 2022年04月17日
カエルの失われた脚を再生することに成功 2022年02月20日
幹細胞の記憶が創傷修復と慢性疾患を促進する可能性がロックフェラー大学の新研究で証明された 2022年01月16日
幹細胞によるインプラントで1型糖尿病患者におけるインスリンの分泌に成功 2021年12月21日
“踊る分子”で重度の脊髄損傷の修復に成功。生体分子の動きを模倣した短い修飾ペプチドを単回注射したところ、麻痺した動物が4週間で歩く能力を取り戻した。 2021年12月09日
細胞外小胞に含まれる因子を含む間葉系間質細胞からの分泌因子が、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌スーパーバグによる感染症の治療に有望であることが示された 2021年10月10日
肝臓の再生を制御するのは細胞間の接触数であることがオルガノイドシステムを利用した研究で発見された 2021年08月26日
哺乳類の幹細胞は、植物や昆虫と同じ方法で、RNAウイルスから身を守ることができることを発見 2021年08月02日
胚盤胞を模した新構造は、ヒトの初期発生の研究に役立つとUTSWの研究者がNature誌に発表 2021年04月19日
SOX2タンパク質の過剰産生で脊髄損傷を回復できることがマウスモデルで実証された 2021年04月02日
臍帯間葉系幹細胞による重度COVID-19治療で画期的な成果が報告された 2021年01月29日
毛包幹細胞の代謝を微調整することで脱毛は防げる 2020年10月23日
幹細胞から放出されたエクソソーム中の特定miRNAが卒中からの回復に関与 2020年06月26日
シンガポールとチリのバイオ企業が共同で、幹細胞エクソソームを生産する新技術を発表 2020年06月01日
『原始的な』幹細胞による糖尿病性網膜症の目の血管の再生医療技術に進歩 2020年03月24日
細菌のホーミング能力で幹細胞が心臓組織に帰ることを可能に。心臓病に苦しんでいる人々に大きな可能性を提供。 2019年07月22日
脊髄損傷の修復を促進する新しい幹細胞集団が同定された 2018年11月27日
ヒト幹細胞から作られた3D肝臓組織移植片がマウスの肝機能をサポート 2018年09月25日
幹細胞の健常時とストレス時の行動の主な違いが明らかに 2018年09月18日
ハイドロゲルで損傷した筋肉組織に筋肉幹細胞を送達する技術が報告される。 2018年09月12日
極地生物の不凍タンパク質が革命的な細菌凍結保存技術の開発を促す 2018年08月07日
ヒト胚のゲノム発現を活性化する重要な転写因子(Oct-4)を発見 2018年05月07日
肺再生をもたらす幹細胞が発見される 2018年04月11日
Linus Paulingは今も生きている – ビタミンCが幹細胞機能を調節し、白血病の進行を抑制することが突き止められる 2017年09月21日
タンパク質間相互作用を安定化する天然分子が軸索再生を刺激。脊髄損傷や卒中の標的候補になり得るか? 2017年05月08日
幹細胞エキソソームが網膜神経節細胞の生存を高める。緑内障治療にも応用可能か 2017年03月14日
マウス脊髄神経細胞の再生を増大する新たなアプローチ 2016年12月20日
造血幹細胞前駆細胞 (HSPCs) のゲノム編集技術がさらに前進 2016年07月30日
リプログラムしたマウスの胃組織で血糖を調節 2016年07月29日
新セルソーティング技術で細胞治療が進歩か 2016年07月29日
シャルコー・マリー・ツース胚由来の幹細胞株を用いた研究に脚光 2016年05月09日
細胞運動性司るタンパク質でがん転移阻止の可能性 2016年05月09日
成体幹細胞、ヒトの腸組織から分離 2016年05月09日
MicroRNAが植物生殖細胞のゲノムをトランスポゾンによる損傷から防衛 2016年05月09日
肺の再生が現実に成るかも知れない 2016年05月08日
ガン幹細胞仮説を支持する結腸直腸ガンの新知見 2016年04月19日
無限のクローニング: 日本の研究者、マウスのクローン25世代続ける 2016年04月19日
糖尿病治療に膵臓細胞リプログラミング 2016年04月18日
細胞膜の規則正しい構造形成機序に新たな仮説 2016年04月18日
幹細胞とナノファイバーで神経研究に長足の進歩期待 2016年04月14日
腎腫瘍からがん幹細胞を分離 2016年04月12日
科学者グループ、幹細胞のランダムな“接着特異点”を再現 2016年04月12日
ハーバードの研究チームが多目的多機能の「折り紙式」蛍光バーコードを開発 2016年04月12日
ヒトES細胞の5hmCについて全ゲノムマッピングが遂に完了 2016年04月10日
網膜変性治療でiPS細胞のタイプによって効果に優劣がある可能性 2016年04月09日
幹細胞操作で毛髪再生 2016年04月09日
ヒトの皮膚細胞を胚性幹細胞に転換 2016年03月28日
幹細胞を用いた「ペトリ皿で疾患を再現する」研究で、主要な精神障害は神経回路形成不備が原因との新たな証拠提出 2016年03月25日
人工腎臓開発の新しい里程標 2016年03月24日
Dr. Vogelstein他の研究で、がんリスクの多くが幹細胞分裂に伴う突然変異と関連。がんの3分の2は「不運」、3分の1は環境と遺伝が主因 2016年03月24日

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill