iPS細胞アッセイ受託サービス:革新的な疾患モデリングと薬理学的評価

情報掲載者:株式会社リコー
iPS細胞アッセイ受託サービス:革新的な疾患モデリングと薬理学的評価

iPS細胞から生まれる無限の可能性。新時代の創薬アッセイサービスで、あなたの研究を加速させましょう。


  • 神経細胞の機能評価モデル(Ca 2+ アッセイ、電気生理)
  • in vitroでの神経系疾患モデル
  • 血管内皮細胞を活用した炎症系評価モデル
  • 骨格筋細胞のアセチルコリン応答モデル
  • カルシウムアッセイサービス
  • マルチ電極アレイを使った電気測定
  • ヒト神経細胞プレートによる薬理学的アッセイ
  • iPS細胞由来の分化細胞を活用した当社のアッセイサービスは、神経細胞、血管内皮細胞、骨格筋細胞など、多様な細胞タイプの機能評価を可能にします。これには、カルシウムアッセイ、電気生理学的測定、薬剤応答の分析などが含まれます。特に、神経系疾患モデルや炎症系評価モデルを用いた研究において、iPS細胞の柔軟な応用性が発揮されます。また、マルチ電極アレイを使った電気測定や、薬理学的アッセイ用ヒト神経細胞プレートなど、先端的な技術を駆使したサービスも提供しています。これらのサービスは、新薬開発、疾患メカニズムの解明、治療法の探求において、ライフサイエンス研究者にとって価値あるツールとなるでしょう。
\資料配布中/

 

リコーとエリクサジェンの連携について
受託アッセイ紹介用チラシ
カルシウムアッセイサービス資料
マルチ電極アレイを使ったアッセイサービス資料
薬理学的アッセイ用に使えるヒト神経細胞プレート

お役立ち資料をダウンロードしていただけます。

神経細胞の機能評価モデル(Ca 2+ アッセイ、電気生理)

研究者は神経細胞の機能的特性を正確に評価する手段を求めています。従来の方法では、神経細胞の微細な変化を捉えるのが難しい場合があります。

 

リコーグループのサービスでは、iPS細胞から分化した神経細胞を用いて、Ca2+アッセイと電気生理学的手法を提供します。これにより、細胞の反応性や信号伝達の過程をより詳細に理解することができます。

iPS細胞由来の神経細胞を使用することで、特定の条件下での細胞の応答性を評価できます。Ca2+アッセイは細胞内カルシウム濃度の変動を可視化し、電気生理学的アプローチは細胞の活動電位を計測します。これらの結果は、神経細胞の機能的特性や薬剤応答を理解する上で重要です。

 

in vitroでの神経系疾患モデル

現在の神経系疾患の研究では、病態を再現するモデルが不足しており、効果的な治療法の開発が困難です。リコーグループのin vitro神経系疾患モデルは、iPS細胞を用いて疾患特有の細胞変化を再現します。

これにより、疾患メカニズムの理解と新薬開発が進展します。

iPS細胞を用いて様々な神経系疾患を模倣することが可能です。疾患特有の遺伝的変異を持つ細胞株を作成し、これらの細胞を用いて疾患の進行や薬剤反応を評価することで、より効果的な治療法の開発に寄与します。

 

血管内皮細胞を活用した炎症系評価モデル

炎症反応の研究においては、体内での血管反応を正確に再現するモデルが求められています。

リコーグループはiPS細胞から分化させた血管内皮細胞を用いた炎症系評価モデルを提供します。これにより、炎症のメカニズムと治療薬の効果をより正確に評価できます。

iPS細胞由来の血管内皮細胞を使用することで、体内の血管反応を模倣し、炎症に関連する様々な因子の影響を評価できます。このモデルは、炎症関連疾患の研究や新しい治療薬のスクリーニングに非常に有効です。

 

骨格筋細胞のアセチルコリン応答モデル

神経筋接合部の研究において、アセチルコリンの応答性を正確に評価することが重要です。

リコーグループの骨格筋細胞のアセチルコリン応答モデルは、iPS細胞由来の骨格筋細胞を使用して、神経筋接合部の機能を評価します。

iPS細胞から分化した骨格筋細胞を使用し、アセチルコリンに対する細胞の反応性を検証します。このモデルは、神経筋疾患の研究や新薬の開発において重要な役割を果たします。

 

カルシウムアッセイサービス

細胞内のカルシウムシグナリングの詳細な解析は、多くの生物学的プロセスの理解に不可欠です。

リコーグループのカルシウムアッセイサービスは、iPS細胞由来の細胞を用いて、細胞内カルシウムの動態を詳細に解析します。

iPS細胞から分化した細胞を使用し、細胞内カルシウム濃度の変動を測定します。これにより、細胞応答、シグナル伝達経路、薬剤効果などを詳細に理解できます。

 

マルチ電極アレイを使った電気測定

神経細胞の電気的活動を多次元的に理解するためには、高度な電気測定技術が必要です。

リコーグループは、マルチ電極アレイ(MEA)を使用した電気測定サービスを提供し、神経細胞の電気的活動を精密に記録します。

MEA技術を用いて、iPS細胞由来の神経細胞の活動電位やシナプス伝達を詳細に記録します。これは、神経系疾患の研究や新薬の開発において極めて重要です。

 

ヒト神経細胞プレートによる薬理学的アッセイ

新薬のスクリーニングと評価には、ヒトの神経細胞に基づいた信頼性の高いアッセイが必要です。

リコーグループのヒト神経細胞プレートは、iPS細胞由来の神経細胞を使用し、薬剤の効果を高精度で評価します。

iPS細胞から分化したヒト神経細胞をプレート化し、これを使用して薬剤の応答性を詳細に調査します。このアプローチは、新薬の開発とスクリーニングにおいて不可欠です。

 

Elixirgen Scientificとリコーの提携について

Elixirgen Scientificとリコーは、iPS細胞分化誘導技術に関して提携しています。リコーのプリンティング技術とElixirgen Scientificのバイオテクノロジーを組み合わせることで、生物学的な研究や医療分野での革新的な進歩を目指しています。両社のコラボレーションは、技術の相乗効果を活かし、特に再生医療や疾患研究における効率化と精度の向上を図ることを意図しています。

 

 

アンケート

 

iPS細胞アッセイ受託サービス:革新的な疾患モデリングと薬理学的評価の情報をご覧いただき誠にありがとうございました。よろしければ、ご要望・ご不明点等を把握するために下記アンケートにご協力ください。

 

選択してください。
選択してください。
不正な入力です。
不正な入力です。
日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
記入してください。
不正な入力です。
不正な入力です。
不正な入力です。

ご入力いただいた個人情報は、株式会社リコーより製品やセミナーのご案内をお送りする際に利用させていただきます。