幹細胞から放出されたエキソソーム中の特定miRNAが卒中からの回復に関与

2014
7月 14
(月)
10:50
再生医療/幹細胞研究のライフサイエンスニュース

幹細胞から放出されたエキソソーム中の特定miRNAが卒中からの回復に関与

Henry Ford Hospitalの研究チームは、動物を使った新しい研究で、卒中発作後に幹細胞から放出されるエキソソームと呼ばれる微小な (50nm) 脂質性の細胞内器官に内包されるRNA (リボ核酸) 塩基配列のごく短いmicroRNAのうち、特定のものが神経的な回復に一役買っていることを突き止めた。研究チームのラットを用いた実験では、この特定のmicroRNAが幹細胞からエキソソームを使って脳細胞に送られ、卒中発作後の機能回復を強化していた。この研究で、幹細胞が負傷した組織の再生に重要な役割を果たしていることが明らかになってきただけでなく、成人に長期的な障害を引き起こす卒中や神経疾患に新しい治療法を開発できる希望も生まれてきた。この研究論文は、2013年4月30日付オンライン版「Stem Cells」に掲載されている。卒中患者のほとんどは、手など一旦はマヒしていた体の各部分を自分の意思で使えるところまで回復するが、約半数の患者は体の片側が自由に動かない状態が続き、一生障害を抱えることになる人も大勢いる。現在のところ、卒中患者の運動機能を改善したり、回復する治療法はなく、その原因として脳や神経が損傷した後に自ら修復する機序が’まだ謎に包まれていることが挙げられる。

この研究論文の首席著者、Henry Ford Neuroscience Instituteの科学部長、Department of Neurology at Henry Ford Hospitalのvice chairmanを務めるMichael Chopp, Ph.D.は、「この研究は、脳が、卒中その他の外傷を受けた後、自分自身を治療する能力があり、それに対して特定の幹細胞がそれぞれ異なる度合いで役割を果たしていることを証明し、これまで謎とされてきた問題の一つを解決に導いた可能性がある」と述べている。

実験は、研究室のラットの骨髄から間葉幹細胞 (MSCs) を分離したところから始まる。分離後、特定のmicroRNA分子を含んだエキソソームを放出するようにMSCsの遺伝子を組み換え、MSCsは、その特定のmicroRNAを含んだエキソソームを生産する「工場」に変わった。
このようなmicroRNAが、生物学的機能を制御するマスター・スイッチの役割を果たしているのだが、このチームの研究で、miR-133b と呼ばれるmicroRNAが、エキソソームで運ばれ、卒中発作後の機能回復に関わっていることが明らかになった。研究チームは、MSCs中のmiR-133bの量を遺伝学的に増やしたり減らしたりしてそれぞれの条件でラットを処理した結果、卒中発作24時間後にラットの血中にMSCsを注入するとMSCsが脳に入り、エキソソームを放出し始めた。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(6198)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗体を導入できます。 Ab-Carrierは、高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスのIgGを生細胞に導入できます。もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

バイオビジネス参入を支援しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム