脊髄損傷の修復を促進する新しい幹細胞集団が同定された

2018
11月 27
(火)
11:00
再生医療/幹細胞研究のライフサイエンスニュース

脊髄損傷の修復を促進する新しい幹細胞集団が同定された

イェール大学医学部とイタリアのピサ大学の生物学科のチームは、動物モデルで脊髄損傷の修復に特に効果的である特定の幹細胞集団(神経上皮幹細胞)を同定した。この実験では、これらの細胞が損傷組織内に組み込まれ、移植後に数センチメートルのプロセスを延長し、治療を受けた動物に運動機能回復をもたらすことを実証した。さらに、ラボの試験で示されているように、回復は傷害の程度に比例した。例えば、脊髄損傷が25%以下であれば、2ヶ月以内に下肢の使用が有意に改善した。

「この研究のおかげで、幹細胞の解剖学的起源は移植の成功にとって非常に重要であることが初めて明らかにされた。」と2018年8月24日にネイチャーコミュニケーションズでオンラインで公開されたこの研究の筆頭著者であるピサ大学のMarco Onorati博士は説明した。

このオープンアクセスの論文は、「ヒト神経上皮幹細胞の部位特異性により、リレー回路を介して脊髄修復を可能にする(Human Neuroepithelial Stem Cell Regional Specificity Enables Spinal Cord Repair Through a Relay Circuit.)」と題されている。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(994)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3266人
2019年07月22日 現在
新メンバー
tomoyo 2019/7/19
つくちゃん 2019/7/12
メリッコ 2019/7/11
pirotann 2019/7/10
atom12 2019/7/9
karen 2019/7/8
ままま 2019/7/7
taka59 2019/7/2
hiroko 2019/7/2
Dr.Y. 2019/7/1
minamina 2019/6/29
memeko 2019/6/28
totooo 2019/6/27
ogawar 2019/6/24
drk0311 2019/6/24
28 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 28
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。