パーキンソン病の潜在的な出発点は盲腸だった

虫垂の切除は、パーキンソン病の発症リスクを19〜25%低下させる可能性があることが2018年10月31日発行のScience Translational Medicineに掲載された。このオープンアクセスの論文は、「虫垂がパーキンソン病を発症するリスクに影響する(The Vermiform Appendix Impacts the Risk of Developing Parkinson’s Disease.)」と題されている。

  ログインしてください。