ASHG2018特集:古代アンデス人のゲノムが農業と標高への明確な適応を示す

2018
11月 6
(火)
15:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

ASHG2018特集:古代アンデス人のゲノムが農業と標高への明確な適応を示す

2018年10月16-20日にカリフォルニア州サンディエゴで開催されたアメリカ人類遺伝学会年次総会(ASHG2018)で、ペルー・アンデス山脈の古代人は、高所への環境と農業の導入に他の世界の人々とは異なる方法で適応したことが発表された。

ASHGは今年の会議で記録的な出席者8,500人を報告している。 エモリー大学の人類学助教授John Lindo博士、シカゴ大学Anna Di Rienzo博士、カリフォルニア大学メルセデス大学のMark Aldenderfer博士が指揮する国際共同研究者グループ 7つの全ゲノムから得られた7,000年前のDNAの新たに入手可能なサンプルを使用して、アンデスの古代の人々がどのように環境に適応したかを研究した。

科学者らは、これらのゲノムを、1500年代にヨーロッパ人が到着する前に起こった遺伝的適応を同定するために、高地のアンデス人集団とチリの低地集団の両方から現代の64のゲノムと比較した。 「ヨーロッパ人との接触は、疾病、戦争、社会的混乱など、南米の人々に甚大な影響を与えた。その前の期間に焦点を当てることで、私たちは環境適応と歴史的出来事から生じる適応とを区別することができた。」とLindo博士は述べた。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(513)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



FFPEサンプルからの高品質・高収量核酸回収フォルムアルデヒドの使用により、核酸は高領域に渡って化学修飾が生じ ます。現状の手法では、その様なFFPEサンプルからの核酸回収には高温 での処理が行われるため、その結果、核酸の分解を促進し、十分な回収結 果が得られません。 。一方、CellData Sciences社は特許のCAT5TM技術に より、より低温で温和な条件で科学的に修飾を取り除き、その結果、高収率 で高品質の核酸が得られます。 フォルマリン固定組織 ( FFPE )サンプルからの高純度DNA及びRNA抽出は 非常に困難で、その結果、回収後の増幅収率が低くなり、各解析データの 結果の質も悪くなります。 これは、フォルムアルデヒドによる対象DNA・RNA への付加や架橋反応が起因しています。従来からの回収手段は高温処理 の為に、加水分解 ...もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3225人
2019年05月25日 現在
新メンバー
PT knz 2019/5/24
mayopi 2019/5/23
pinal 2019/5/23
Araragik 2019/5/22
hirotomo 2019/5/21
はっつ 2019/5/20
spin12 2019/5/19
しみー 2019/5/19
tomitomi 2019/5/15
Picori13 2019/5/14
ihavenam 2019/5/14
kazuya 2019/5/13
yushino 2019/5/12
Cosmo 2019/5/10
ribozo 2019/5/9
17 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 17
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。