ASHG2018特集:古代アンデス人のゲノムが農業と標高への明確な適応を示す

2018年10月16-20日にカリフォルニア州サンディエゴで開催されたアメリカ人類遺伝学会年次総会(ASHG2018)で、ペルー・アンデス山脈の古代人は、高所への環境と農業の導入に他の世界の人々とは異なる方法で適応したことが発表された。
ASHGは今年の会議で記録的な出席者8,500人を報告している。

  ログインしてください。