Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

ニシンでオスの性染色体の誕生を再構築できたことが報告された

性染色体の進化は、性決定の根底にあるメカニズムを安定させ、通常は等しい性比をもたらすため、生物学ではとても重要だ。 スウェーデンのウプサラ大学の研究者が率いる国際的な研究チームは、タイセイヨウニシンでオスの性染色体の誕生を再構築することができたと報告している。オス特有の領域は小さく、性決定因子の3つの遺伝子と精子タンパク質の2つの遺伝子しか含まれていない。 この研究は最近PNASで発表された。 性染色体の初期の進化を研究することは困難だ。なぜなら、それは通常大昔に起こり、性決定染色体は通常急速に退化して反復配列を蓄積するからだ。 たとえば、ヒトには性決定のX / Yシステムがあり、Yの存在が男性の性を決定する。1億年以上前に確立されたヒトY染色体は、X染色体と同一の染色体から進化したが、その後Xに存在する遺伝子のほとんどを失い、現在はX染色体の約3分の1のサイズにすぎない。 タイセイヨウニシンにもX / Yシステムがあるが、それは若く、ごく最近に進化した。

  ログインしてください。

ゲスト 959人 と メンバー1人 がオンラインです

New Members

masshy

OffLine
その他
2022年01月20日(木)
大学/大学院
2022年01月19日(水)
バイオテクノロジー企業
2022年01月19日(水)

wata

OffLine
製薬会社
2022年01月18日(火)

Yuka

OffLine
大学/大学院
2022年01月14日(金)
製薬会社
2022年01月05日(水)

NS

OffLine
化学メーカー
2022年01月05日(水)

murases

OffLine
化学メーカー
2022年01月03日(月)

Masa

OffLine
大学/大学院
2021年12月31日(金)

のり

OffLine
診断薬メーカー
2021年12月29日(水)