RNAを標的とする新CRISPRシステム「C2c2」の特徴を解明

2016
8月 29
(月)
17:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

RNAを標的とする新CRISPRシステム「C2c2」の特徴を解明

ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学が共同で運営する研究施設Broad Institute of MIT and Harvard、マサチューセッツ工科大学、アメリカ国立衛生研究所、ラトガース大学ニューブランズウィック校、そしてロシアのスコルコボ科学工科大学の研究者グループは、DNAの代わりにRNAを標的とする新しいCRISPRシステムの特徴を明らかにした。

この新しいアプローチにより、パワフルな細胞操作技術が実現する可能性がある。DNA編集は細胞のゲノムを永久的に変更してしまうのに対して、CRISPRベースのRNAを標的とする手法は、調節自由な一時的変更が可能であり、かつ従来のRNA干渉法に比べて特異性と機能性が高いという特長がある。

Broad Institute of MITとMcGovern Institute for Brain ResearchのFeng Zhang, Ph.D.、同僚研究者で共同著者でもあるNIHのEugene Koonin, Ph.D.と、同僚研究者のラトガース大学ニューブランズウィック校とスコルコボ科学工科大学のKonstantin Severinov, Ph.D.は、RNAを標的として分解する能力のあるRNA誘導型酵素、C2c2を同定し、その機能的特徴を明らかにした。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(3889)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



貴重なサンプルのための超低温保存ソリューションMDF-DU702VX-PJのイメージ MDF-DU702VX-PJ TwinGuard(デュアル冷却システム)を採用しています。-70℃まで冷却可能な独立冷凍回路2基(A/B)で-85℃運転。万が一片側冷凍回路にトラブルが発生しても、もう一方の冷凍回路で、約-70℃を維持します。 収納効率に優れる外扉断熱方式と、温度分布に有効な内扉を複合的に採用した新プラットフォームにより、従来機種と同様のフットプリントながら収納効率が約10%向上。700Lクラスで2インチのクライオボックスを576個収納可能です。 真空断熱材VIP Plusと新世代プラットフォームとの組み合わせによる断熱性能の向上により、消費電力を従来機種から約16%削減。ECOモードをセレクトすることで消費電力をさらに削減できます。 人間工学に基いた新開発 ...もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3412人
2020年03月29日 現在
新メンバー
ReikoPom 2020/3/27
なすお 2020/3/27
K2azu 2020/3/24
サンライズ 2020/3/24
Tkawa 2020/3/23
aymmt 2020/3/21
koji1024 2020/3/21
HIRO111 2020/3/20
Yasushi 2020/3/19
Hiroakiu 2020/3/19
ベアダー 2020/3/16
t100114 2020/3/13
shushu 2020/3/12
AlParka 2020/3/12
SO-20220 2020/3/12
54 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 54
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会