すべての生物における遺伝子発現制御と転写休止の要素メカニズムがウィスコンシン大学の研究で明らかに。

2019
2月 12
(火)
10:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

すべての生物における遺伝子発現制御と転写休止の要素メカニズムがウィスコンシン大学の研究で明らかに。

ウィスコンシン大学マディソン校の生化学および細菌学教授のRobert Landick博士と彼のチームが率いた研究は、すべての生物における遺伝子発現制御の根底にある現象、転写の一時停止の要素メカニズムを初めて明らかにした。この研究はまた、ディフィシル菌感染症や結核などの治療の重要な薬物標的である酵素RNAポリメラーゼについての新しい理解を提供している。この発見は最終的に特定の薬がどのように酵素に対して作用し、積極的にそれを標的にするのを助けるかについての我々の理解を向上させることができる。

遺伝子発現は、生物が必要とするすべてのタンパク質や他の分子にDNAが翻訳されるプロセスだ。 それはすべての生物学の学生が早い段階で学ぶプロセスだが、それは未だ完全には理解されていない。
このプロセスは2段階で行われる。 転写は、RNAポリメラーゼがDNA鎖に関する情報を読む最初のもので、それからメッセンジャーRNA(mRNA)の新しい分子にコピーされる。 第二段階では、mRNAが移動してリボソームによってタンパク質にプロセシング(「翻訳」)される。

遺伝子発現レベルを制御するのを助けるために、RNAポリメラーゼによる「転写休止」は2つの段階の間で起こり得、必要ならば転写が細胞によって終結または調節され得る一種の「障害」を提供する。

「バクテリアから哺乳類まで、あらゆる生物においてRNAポリメラーゼの一時停止を引き起こすシーケンスは、より永続した一時停止が起こり得る一時停止状態で酵素を停止させる。この要素的な一時停止の基本的なメカニズムは明確に定義されていないので、我々はさまざまな生化学的および生物物理学的アプローチを使用してこれを調査することにした。」とLandick博士は説明した。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(592)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅広い生物種の抗体精製にご利用いただけます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3205人
2019年04月26日 現在
新メンバー
tymhi 2019/4/25
aitos 2019/4/25
shinco 2019/4/24
SimoQ 2019/4/23
acoco 2019/4/23
Ryuji120 2019/4/22
賀来さん 2019/4/22
nakayan 2019/4/22
ken001 2019/4/21
nkknkk 2019/4/21
Araiguma 2019/4/19
フジ 2019/4/19
kimura 2019/4/19
sakurai 2019/4/19
fujioka. 2019/4/18
16 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 16
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。