世代を超えて線虫の遺伝子の働きを抑制するメカニズム(piRNAi)を発見

世代を超えて線虫の遺伝子の働きを抑制するメカニズム(piRNAi)を発見

遺伝子サイレンシングツールは、生物医学の基礎研究や医薬品開発を前進させる新たな機会を提供する可能性を秘めている。この技術は、通常は遺伝子の活動を抑制する小さなノンコーディングRNA分子の力を利用するものである。ピウィ・インタラクティングRNA(piRNA)として知られるこれらの制御分子は、通常、ゲノム上の寄生体(トランスポーザブル・エレメント)を服従させるのに重要な役割を担っているが、King Abdullah University of Science & Technology(KAUST)の遺伝学者クリスチャン・フロックヤールイェンセン博士と彼の同僚は、このpiRNA経路を利用して、目的の標的遺伝子の活性を意図的に抑制することに成功した。


フロックヤールイェンセン博士のチームは、遺伝学研究の一般的な実験モデルである線虫(C. elegans)を用いて、天然のpiRNA機構と相互作用する21文字の合成RNA配列を作成し、目的の遺伝子を不活性化することに成功した。この新しい研究は、2022年2月3日にNature Methods誌にオンライン掲載された。この論文は「C. エレガンスにおける多重世代間遺伝子抑制のためのpiRNA経路の再プログラム(Reprogramming the piRNA Pathway for Multiplexed and Transgenerational Gene Silencing in C. Elegans)」と題されている。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー