活性化PMNエキソソームはCOPDで肺の破壊を引き起こす病原体であることが判明した

2019
2月 7
(木)
09:00
臨床医学のライフサイエンスニュース

活性化PMNエキソソームはCOPDで肺の破壊を引き起こす病原体であることが判明した

アラバマ大学バーミンガム校(University of Alabama at Birmingham :UAB)の研究者らは、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の肺における慢性炎症と組織破壊との間の根本的なつながりである、これまで報告されていない新しい病原体を発見した。 COPDは世界における死因の第4位だ。

精製された活性化多形核白血球(PMN: polymorphonuclear leukocytes)から収集された小さな細胞内粒子が健康なマウスの肺に点滴注入されたとき、この病原体 - PMN由来エキソソーム - はCOPD損傷を引き起こした。

注目すべき点は、UABの研究者らはCOPDのヒト患者の肺液および肺疾患の気管支肺異形成症のICU乳児の肺液からエキソソームも収集した。 そのヒト由来のエキソソームを健康なマウスの肺に点滴注入すると、それらはまたCOPD肺損傷を引き起こした。

損傷は主にヒトの肺由来のPMN由来のエキソソームからのものであった。 「この報告は、非感染性subcellular entityがヒトからマウスに移されたときに疾患表現型を再現する能力の最初のエビデンスのように思われる。これは非常に意味深い発見になると思われる。ここで発見したことの多くは、病気によっては他の組織にも当てはまるだろう。」とUAB医学部 肺・アレルギーおよび救急医療教授のJ. Edwin Blalock博士は述べた。

免疫細胞炎症および組織破壊によって特徴付けられる他の疾患には、心臓発作、転移性癌および慢性腎臓病が含まれる。 活性化されたPMNエキソソームはまた、嚢胞性線維症などの過剰なPMN駆動炎症を有する他の疾患における肺損傷にも寄与し得る。

この研究はCell誌で報告された。 この論文は2018年1月10日にオンラインで公開され、「活性化PMNエキソソーム:肺の中でマトリックスの破壊と病気を引き起こす病原体(Activated PMN Exosomes: Pathogenic Entities Causing Matrix Destruction and Disease in the Lung.)」と題されている。

「これらの調査結果は、慢性肺疾患における先天性免疫反応の新たな役割を浮き彫りにし、COPDおよびおそらく嚢胞性線維症の新しい診断薬および治療薬の開発に使用できるだろう」と国立衛生研究所の一部である国立心臓肺血液研究所のJames Kiley博士は語った。

 

続きを読む
ログインしてください


    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    閲覧(304)

    バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    核酸サンプルの長期室温安定保存が実現GenTegra社の特許取得済みの核酸保存用製品GenTegra(精製したDNA・RNA)およびGenPlate(血液サンプル)は、室温での多サンプルの長期保存や輸送に大変便利にお使い頂けます。もっと読む
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      3136人
      2019年02月19日 現在
      新メンバー
      semaglut 2019/2/16
      maxdouwe 2019/2/15
      もぐもぐ 2019/2/14
      いばくま 2019/2/14
      ymmtms 2019/2/12
      _humanme 2019/2/10
      mtsutsui 2019/2/7
      しゃけ 2019/2/7
      41 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 41
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。