リンパ性白血病の「弱点」突き止める

2012
3月 7
(水)
15:30
臨床医学のバイオニュース

リンパ性白血病の「弱点」突き止める

IRCM (Institut de recherches cliniques de Montréal) で統括している国際的な研究チームの発見は、リンパ性白血病の新しい治療法につながる可能性がある。IRCM}]の会長で科学理事も務めるDr. Tarik Möröyが率いるこのチームは、この病気の「弱点」とも言える分子を発見しており、この分子を標的にすることで、現在主流となっている化学療法や放射線療法の副作用を軽減する新しい方向からの治療が可能になるかもしれない。この研究成果は2013年2月11日付オンライン版の「Cancer Cell」で発表された。この研究チームの成果は急性リンパ性白血病 (ALL}]) にこれまでとは根本的に異なる治療法をもたらす可能性がある。白血病のもっとも一般的なタイプには4種類あり、その一つ、急性リンパ性白血病 (ALL}]) は骨髄や血液のがんで、治療しなければ急速に進行していく。現在、治療法は{[化学療法と放射線療法}]が主だが、いずれも非常に毒性が強く、また非選択的であるため、腫瘍組織も健康な細胞も同じように破壊する。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(4073)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール






サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム