HER2陽性乳がん細胞のHER2をシャットオフするアンキリン反復改変タンパク質を開発

2016
8月 22
(月)
17:00
創薬研究のライフサイエンスニュース

HER2陽性乳がん細胞のHER2をシャットオフするアンキリン反復改変タンパク質を開発

毎年、スイスでは5,700人の女性が新しく乳がんと診断され、また1,400人近い女性がこの疾患で亡くなっている。浸潤性がきわめて強い乳がんでは、細胞の表面に受容体HER2が過剰に存在しているタイプが多い。これが細胞の無制限な増殖につながっている。これまで乳がんの治療にはTrastuzumabやpertuzumabなど、HER2受容体を認識する抗体が何年も用いられてきた。しかし、このような抗体もがん細胞そのものを殺すわけではない。がん細胞は不活性化されるだけであり、いつでも活性を取り戻すことができるのである。

受容体HER2は、同時にいくつかの信号経路を用い、細胞の増殖と分裂の指令情報を送る。しかし、これまでに見つかっている抗体は一つの信号経路をブロックするだけであり、他の信号経路はすべてアクティブなままである。この開かれた状態の経路のうちもっとも重要な経路がRASと呼ばれるcentral hubを通っている。

初めて詳細が解き明かされたこのメカニズムについて、Dr. Plue(umlaut)ckthunは、「HER2受容体が発信する増殖信号を再活性化するのがこのタンパク質だ。抗体はその効力を失い、がん細胞が再び増殖を続けるようになる」と説明している。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(2797)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



細胞本来の生育環境を正確に反映した細胞培養システムAvatarシステムは、細胞の機能・外部特性・内部特性(遺伝子的特性等)を維持したまま培養できる細胞培養システムです。採取された貴重な細胞が正常に増殖し、意味のある結果を導き出すためには本来の状態を維持する環境が必要です。Avatarシステムは、生体内環境状態を再現できる初めての細胞増殖システムです。例えば、圧力と酸素をサンプルの種類に特異的な生体内環境状態に相当したレベルに調整できます。生体内で何が起こっているかを生体外で確認できる最良のシステムです。AvatarシステムはO2、CO2、圧力、温度及び湿度を表示し、各項目はサンプルが生息する本来の状態に合わせて調整できます。このような革新的な機能により、以前は培養できなかったサンプルでも ...もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3384人
2020年02月25日 現在
新メンバー
おまんじゅう 2020/2/21
yuugot 2020/2/20
tohnukk 2020/2/19
kmaradon 2020/2/17
やまっち 2020/2/17
仙風 2020/2/16
satomako 2020/2/13
orgchem 2020/2/7
HIRAkazu 2020/2/5
maemae 2020/2/4
nagatake 2020/1/30
sakanoue 2020/1/29
Hiroada 2020/1/28
bluez 2020/1/26
hirori 2020/1/25
79 人のユーザが現在オンラインです。 (59 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 79
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会