HER2陽性乳がん細胞のHER2をシャットオフするアンキリン反復改変タンパク質を開発

2016
8月 22
(月)
17:00
創薬研究のライフサイエンスニュース

HER2陽性乳がん細胞のHER2をシャットオフするアンキリン反復改変タンパク質を開発

毎年、スイスでは5,700人の女性が新しく乳がんと診断され、また1,400人近い女性がこの疾患で亡くなっている。浸潤性がきわめて強い乳がんでは、細胞の表面に受容体HER2が過剰に存在しているタイプが多い。これが細胞の無制限な増殖につながっている。これまで乳がんの治療にはTrastuzumabやpertuzumabなど、HER2受容体を認識する抗体が何年も用いられてきた。しかし、このような抗体もがん細胞そのものを殺すわけではない。がん細胞は不活性化されるだけであり、いつでも活性を取り戻すことができるのである。

受容体HER2は、同時にいくつかの信号経路を用い、細胞の増殖と分裂の指令情報を送る。しかし、これまでに見つかっている抗体は一つの信号経路をブロックするだけであり、他の信号経路はすべてアクティブなままである。この開かれた状態の経路のうちもっとも重要な経路がRASと呼ばれるcentral hubを通っている。

初めて詳細が解き明かされたこのメカニズムについて、Dr. Plue(umlaut)ckthunは、「HER2受容体が発信する増殖信号を再活性化するのがこのタンパク質だ。抗体はその効力を失い、がん細胞が再び増殖を続けるようになる」と説明している。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(2827)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



構造多様な480の生物活性低分子有機化合物を厳選/機能性化粧品・医薬外品向けバルク供給も可能 Greenpharma天然有機化合物ライブラリーは、Greenpharma社のケモインフォマティクス・医薬品化学・生薬学の専門知識を駆使して作製された、多様で純粋な天然物由来の低分子有機化合物ライブラリーです。 Greenpharma社が保有するデータベースには、約15万種の天然有機化合物の構造が集積されており、化学的に多様な生物活性化合物のサブセットを選抜しました。 この中には、アミノ酸、ペプチド、核酸、長鎖脂肪、金属は含まれていません。より多くの異なるフィトケミカルファミリーが含まれるように厳選されています。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3412人
2020年03月29日 現在
新メンバー
ReikoPom 2020/3/27
なすお 2020/3/27
K2azu 2020/3/24
サンライズ 2020/3/24
Tkawa 2020/3/23
aymmt 2020/3/21
koji1024 2020/3/21
HIRO111 2020/3/20
Yasushi 2020/3/19
Hiroakiu 2020/3/19
ベアダー 2020/3/16
t100114 2020/3/13
shushu 2020/3/12
AlParka 2020/3/12
SO-20220 2020/3/12
42 人のユーザが現在オンラインです。 (33 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 42
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会