DNA梱包装置(SWI/SNF複合体)の突然変異がどのように癌を引き起こすのかが明らかに

2020
10月 7
(水)
10:00
遺伝子研究のバイオニュース

DNA梱包装置(SWI/SNF複合体)の突然変異がどのように癌を引き起こすのかが明らかに

まるでレンチのように、SWI/SNF(SWItch / Sucrose Non-Fermentable)クロマチンリモデリング複合体は、細胞内のDNAを引き締めたり緩めたりして、タンパク質になるための遺伝子の回転を制御する。これらの複合体は、正しく組み立てられると、正常組織の発達に重要な役割を果たし、壊れると癌の発症につながる可能性がある。
通常、これらの複合体はそれらをコードする遺伝子の突然変異によって破壊されるが、これがどのように癌につながるのかはよく解っていなかった。 テキサス大学(UT)サウスウエスタン校 Children's Medical Center Research Institute(CRI)による新研究により、2つの主要なSWI/SNFタンパク質であるARID1AとARID1Bの変異が、どのように起こり、SWI/SNF複合体の集合を破壊することにより、癌の発生を促進するのかが明らかになった。
2020年9月7日にNatureCancerでオンラインで公開されたこの研究は、SWI/SNF生物学に関する基本的な疑問と、この複合体を標的にして癌細胞を殺すデザインされた治療戦略に取り組むものだ。この論文は「ARID1A / ARID1Bの二重損失は、BAF複合体の急速な発癌と破壊的な再分布につながる(Dual ARID1A/ARID1B Loss Leads to Rapid Carcinogenesis and Disruptive Redistribution of BAF complexes.)」と題されている。

SWI/SNFコンポーネントがほとんどすべての種類の癌で欠陥があることは明らかだが、コンポーネントの突然変異がどのようにSWI/SNF複合体の破壊につながるのか、そして複合体の破壊がどのように病気を引き起こすのかはまだ曖昧だ」と研究リーダーであるCRIの准教授のHao Zhu医学博士は述べた。「この研究では、1つの重要なタイプのSWI/SNF複合体をきれいに破壊して、それがどのように崩壊し、どのように制御不能な癌の増殖につながるかを研究しようとした。」
SWI/SNFタンパク質複合体は、ゲノム内のDNAの梱包と開梱を支援し、さまざまな組織でさまざまな構成に配置できる10〜15個の相互作用するタンパク質で構成されている。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(256)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    細胞本来の生育環境を正確に反映した細胞培養システムAvatarシステムは、細胞の機能・外部特性・内部特性(遺伝子的特性等)を維持したまま培養できる細胞培養システムです。採取された貴重な細胞が正常に増殖し、意味のある結果を導き出すためには本来の状態を維持する環境が必要です。Avatarシステムは、生体内環境状態を再現できる初めての細胞増殖システムです。例えば、圧力と酸素をサンプルの種類に特異的な生体内環境状態に相当したレベルに調整できます。生体内で何が起こっているかを生体外で確認できる最良のシステムです。AvatarシステムはO2、CO2、圧力、温度及び湿度を表示し、各項目はサンプルが生息する本来の状態に合わせて調整できます。このような革新的な機能により、以前は培養できなかったサンプルでも ...もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム