DNA梱包装置(SWI/SNF複合体)の突然変異がどのように癌を引き起こすのかが明らかに

まるでレンチのように、SWI/SNF(SWItch / Sucrose Non-Fermentable)クロマチンリモデリング複合体は、細胞内のDNAを引き締めたり緩めたりして、タンパク質になるための遺伝子の回転を制御する。これらの複合体は、正しく組み立てられると、正常組織の発達に重要な役割を果たし、壊れると癌の発症につながる可能性がある。通常、これらの複合体はそれらをコードする遺伝子の突然変異によって破壊されるが、これがどのように癌につながるのかはよく解っていなかった。 テキサス大学(UT)サウスウエスタン校 Children's Medical Center Research Institute(CRI)による新研究により、2つの主要なSWI/SNFタンパク質であるARID1AとARID1Bの変異が、どのように起こり、SWI/SNF複合体の集合を破壊することにより、癌の発生を促進するのかが明らかになった。

  ログインしてください。