Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

200種以上の哺乳類で長寿におけるエピジェネティクスの役割が明らかに(ASHG 2021)

1

米国人類遺伝学会(American Society of Human Genetics)の第20回年次総会(10月18日~22日)で発表された新しい研究結果によると、DNAの発現制御機構のわずかな変化が、年代、性別、寿命と相関していることが明らかになった。これらの知見は、長寿の研究に新たな道を開くとともに、哺乳類の進化におけるエピジェネティクスの役割や、加齢や寿命に関わる生物学的プロセスについての理解を深めるものだ。エピジェネティックな変化は、遺伝子の変化とは異なり、DNAの塩基配列を変えずに遺伝子の働きに影響を与える。細胞が遺伝子の働きを制御するために用いる一般的なエピジェネティックなメカニズムの1つに、特定のDNA文字(塩基)のメチル化がある。DNAのメチル化レベルは年齢とともに変化し、多くの動物モデルで長寿との関連が指摘されている。このたび、2021年10月18日、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の遺伝学者Amin Haghani博士率いるチームは、小型で短命なものから巨大で長寿なものまで、200種以上の哺乳類のDNAメチル化について調査した結果を報告した。このデータセットを解析することで、哺乳類の種の中で、あるいは種を超えて、DNAメチル化と、年代、性別、最大寿命などのさまざまな形質との間に相関関係を確認することができた。Haghan博士らのアブストラクトのタイトルは、「哺乳類の寿命の違いを支えるDNAメチル化パターン(DNA Methylation Patterns Underlying Lifespan Differences in Mammals)」と題されている。

ゲスト 604人 と メンバー0人 がオンラインです

New Members

Nishi

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年05月24日(火)

きよ..

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年05月24日(火)

jf

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年05月20日(金)

花凛

OffLine
大学/大学院
2022年05月17日(火)

reiryo

OffLine
大学/大学院
2022年05月13日(金)

Kida

OffLine
大学/大学院
2022年05月12日(木)

mm

OffLine
製薬会社
2022年05月11日(水)
大学/大学院
2022年05月09日(月)
大学/大学院
2022年05月09日(月)

VAN

OffLine
大学/大学院
2022年05月04日(水)

tf

OffLine
大学/大学院
2022年04月25日(月)
大学/大学院
2022年04月20日(水)