タンパク質間相互作用を安定化する天然分子が軸索再生を刺激。脊髄損傷や卒中の標的候補になり得るか?

ある研究者の植物生物学への取り組みによって、天然分子が軸索(ニューロン間で電気信号を運ぶ糸状突起物)の修復を刺激促進することが発見された。脊髄損傷や卒中などの障害症状を引き起こす主な原因はこの軸索損傷である。

  ログインしてください。