毛包幹細胞の代謝を微調整することで脱毛は防げる

ケルンとヘルシンキの研究チームは、脱毛を防ぐメカニズムを発見した。髪の再生に不可欠な毛包幹細胞は、組織内の低酸素濃度に応じて代謝状態を切り替えることで、寿命を延ばすことができるという。この研究チームは、Sara Wickström准教授(ヘルシンキ大学およびマックス・プランク老化生物学研究所)と皮膚科医のSabine Eming教授(ケルン大学)によって率いられ、ケルン大学の老化研究のCECAD クラスターオブエクセレンス、マックスプランク老化生物学研究所、共同研究センター829「皮膚ホメオスタシスを調節する分子メカニズム」分子医学センター(CMMC)(すべてケルン)、およびヘルシンキ大学の科学者が含まれていた。

  ログインしてください。