毛包幹細胞の代謝を微調整することで脱毛は防げる

2020
10月 23
(金)
10:00
再生医療/幹細胞研究のバイオニュース

毛包幹細胞の代謝を微調整することで脱毛は防げる

ケルンとヘルシンキの研究チームは、脱毛を防ぐメカニズムを発見した。髪の再生に不可欠な毛包幹細胞は、組織内の低酸素濃度に応じて代謝状態を切り替えることで、寿命を延ばすことができるという。
この研究チームは、Sara Wickström准教授(ヘルシンキ大学およびマックス・プランク老化生物学研究所)と皮膚科医のSabine Eming教授(ケルン大学)によって率いられ、ケルン大学の老化研究のCECAD クラスターオブエクセレンス、マックスプランク老化生物学研究所、共同研究センター829「皮膚ホメオスタシスを調節する分子メカニズム」分子医学センター(CMMC)(すべてケルン)、およびヘルシンキ大学の科学者が含まれていた。
Cell Metabolismで2020年9月8日にオンラインで公開されたこの論文は「グルタミン代謝は毛包幹細胞の運命の可逆性と長期維持を制御する(Glutamine Metabolism Controls Stem Cell Fate Reversibility and Long-Term Maintenance in the Hair Follicle)」と題されている。

毎日、皮膚やその毛包などの組織は、紫外線などの環境ダメージにさらされている。 ダメージを受けた箇所は継続的に除去され、生まれ変わる。 平均5億個の細胞と100本の髪の毛が毎日流され、1.5グラムの物質に相当する。 死んだ物質は、区別され、増殖性が高く、長寿命の幹細胞に置き換わる。組織機能は、これらの幹細胞の活動と健康に依存している。 機能の低下や数の減少は老化につなががる。
「老化における幹細胞の重要な役割は確立されているが、これらの重要な細胞の長期的な維持調節メカニズムについてはほとんど知られていない。 よく理解された機能と明確に識別可能な幹細胞を備えた毛包は、この重要な問題を研究するための完璧なモデルシステムだった。」とWickström博士は述べている。幹細胞が分化した娘細胞と機能的に異なる理由を理解するために、チームは2つの細胞集団の転写および代謝プロファイルを調査した。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(444)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール




バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム