網膜変性治療でiPS細胞のタイプによって効果に優劣がある可能性

2015
9月 28
(月)
17:00
再生医療/幹細胞研究のライフサイエンスニュース

網膜変性治療でiPS細胞のタイプによって効果に優劣がある可能性

St. Jude Children's Research Hospital研究チームが主導して行った研究で、2種のiPS細胞を「三次元n培養」し、それぞれの網膜細胞形成能力を調べた結果、うち一つが特に優れていることを突き止めた。この研究では、網膜変性治療でiPS細胞のタイプによって効果に優劣がある可能性を示しただけでなく、その効果の標準定量化法も提案している。この研究は、St. Jude Department of Developmental Neurobiologyのメンバーであり、Howard Hughes Medical Institute (HHMI) の治験責任医を務めるMichael Dyer, Ph.D.が指導して行われた。本研究結果は、2015年7月2日付Cell Stem Cell誌に、「Quantification of Retinogenesis in 3D Cultures Reveals Epigenetic Memory and Higher Efficiency in iPSCs Derived from Rod Photoreceptors (三次元培養における網膜形成の定量化で、桿体細胞由来iPS細胞のエピジェネティック記憶と高効率が明らかに)」の表題で掲載されている。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(2348)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



機能性化粧品・医薬外品等に最適な天然物由来の生物活性低分子有機化合物を探索・供給 Greenpharma社(フランス)は、最先端のケモインフォマティクスを駆使したリバース生薬学で天然物由来の生物活性分子を探索し、エビデンスの明確な機能性化粧品・医薬外品等の開発を支援します。 Greenpharma社では、有効成分を含有する天然原料の安定確保を含め、製品開発・生産までトータルにサポートする体制が用意されています。 また既にお持ちの活性分子または天然原料について、in silico活性予測ツールを用いて新しい活用法(効能)をお探しすることも可能です。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3321人
2019年10月19日 現在
新メンバー
PHC 2019/10/18
Katty 2019/10/16
のりたけ 2019/10/16
samurai 2019/10/14
わたなべ 2019/10/11
bioacety 2019/10/11
おかき 2019/10/7
Tyoshi 2019/10/4
ハッシー 2019/10/4
188026 2019/10/3
しんたろうお 2019/10/3
0017os1 2019/10/1
JJJJJ 2019/9/30
seele04 2019/9/29
shokupan 2019/9/28
23 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 23
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会