タンパク質/糖鎖研究

細胞機能を支えるコートタンパク質複合体II(COPII)の重要性とその最新研究 2024年04月03日
毒矢カエルの生存戦略:体内で毒素を安全に運搬するタンパク質を特定 2024年03月11日
欧州研究評議会が神経変性疾患研究を支援:TDP-43タンパク質の画期的研究 2024年02月28日
MITシンポジウムが示す、グライコバイオロジーの未来 2024年02月18日
UCLAの研究により、これまで知られていなかった腸管でのコレステロール吸収経路が明らかになった 2024年01月16日
抗酸化物質グルタチオンがミトコンドリアを健康に保つ仕組み 2024年01月14日
乳がん研究における重大な発見:コラーゲンXVIIIの機能を抑制することで乳がん細胞を弱体化 2023年12月03日
複数のがん種の成長を推進するタンパク質の働きが明らかに 2023年09月21日
抗体分泌の鍵を解明:UCLAとシアトル小児研究所の最新研究でIgGの大量生産に関連する遺伝子を特定 2023年09月19日
がん細胞アポトーシスの鍵(TRPM4)を特定:免疫細胞を活性化 2023年09月14日
ロックフェラーの科学者、人体の37兆の細胞を駆動する力の謎に迫る 2023年08月24日
ヒトのリボソーム組み立て、ロックフェラー大学の研究で新知見 2023年08月20日
がん遺伝子Mycは、がん細胞表面の糖鎖パターンを変化させ、がん細胞を免疫システムから隠蔽する役割があることが発見された。 2023年04月25日
MITとハーバード大学の研究者が新しいタンパク質送達方法を開発。がん治療への応用可能性を報告。 2023年04月23日
香りを理解する:嗅覚の分子イメージの解明により、新しい香りの創造に扉が開かれる 2023年04月13日
地球上の生命の起源を探る新たな手がかり:古代タンパク質の折り畳みやすさが進化を可能に 2023年03月21日
英国グロスターシャー州に墜落した隕石から生命の構成要素を発見 2023年02月05日
細胞内のイベントを長期記憶することができる自己組織化タンパク質による新手法が発明された 2023年01月29日
DeepMind社のAI "AlphaFold"が2億以上のタンパク質構造を予測。専門家は "重要な進歩"と呼んでいる。 2022年08月26日
人体がセレンを取り込むための重要な細胞機構を初めて解明。その生物学的にユニークな構造が明らかに。 2022年07月11日
スクリプスの研究者らが脳内の新しいタイプの細胞コミュニケーションを発見 - エクソソームを介したタンパク質輸送が鍵 2022年03月01日
腫瘍抑制因子hnRNP E1(RNA結合タンパク質)はDNAにも結合し、 ゲノム上の損傷センサーとしても機能していることが発見された 2021年10月12日
腫瘍細胞の体内浸潤を防ぐフローセンシングプロテイン(TRPM7)を発見 2021年08月03日
高速かつ可逆的なタンパク質-タンパク質相互作用のみで構成される合成回路をMITのエンジニアが世界で初めて設計に成功 2021年07月29日
ムチンを人工的に製造する方法を発見。将来、消化管内の粘液効果を模倣した薬が誕生するかもしれない。 2021年07月27日
スタンフォード大学の研究により、まったく新しい生体分子『GlycoRNA』が発見された。 2021年06月14日
『光ピンセット』の進歩は生物医学研究を後押しするかもしれない 2021年03月24日
プロテオミクス解析で攻撃的なヒトの癌の潜在的な創薬ターゲットを特定 2021年03月21日
健康な心臓と、心筋症の心臓の違いが原子レベルの精度で初めて示された 2020年11月06日
遺伝子発現を調節する分子機械の「前例のない」3Dモデルが開発された。これにより多くの癌関連の突然変異がマッピング可能に。 2020年11月02日
ISEV2020バーチャル年次総会の最後の特集アブストラクトに、細胞外小胞のカーゴリリースに焦点を当てた発表が選ばれた。 2020年08月21日
ISEV2020バーチャル年次総会の注目の要旨に、Ral-GTPaseがどのようにエクソソームの生合成と臓器向性を制御し転移を促進するかに焦点を当てた発表が選ばれた。 2020年08月19日
セストリンと呼ばれるタンパク質が、運動と同じ効果を発揮する可能性をミシガン大学の研究者が発見 2020年06月29日
MITの科学者がCOVID-19等におけるサイトカインストームの治療に有用な水溶性改変サイトカイン受容体を設計 2020年06月28日
UCサンディエゴ校の研究グループ、細胞培養でヘパリン抗凝固剤の製造に一歩近づいたことを報告 2020年04月21日
ワシントン大学の研究者がタンパク質生産を最大1000倍に高める方法を発見 2020年01月23日
RNA分子がリボソームでどのように折り畳まれているかが明らかに。 調査結果は前例のない詳細を明らかにした。 2019年12月25日
MIT で既存の分子とのクロストークを回避するタンパク質ペアを構築。 設計 されたシグナル伝達経路は、合成生物学回路を構築するための新しい戦略を 提供する 2019年11月20日
血液因子(GDF11)が、食事療法によるカロリー制限の利点を模倣し、神経新生と血管リモデリングを刺激することを高齢のマウスモデルで解明。 2019年11月18日
テロメラーゼの新たな役割が明らかに。テロメラーゼは正常細胞の細胞死の直前に一過性誘導され、より緩やかな細胞死をもたらす。 2019年09月30日
40億年前、生命の始まりとなったであろう12アミノ酸からなるタンパク質をラトガース大学の科学者がモデル化 2018年10月16日
研究グループ、台湾ハブのゲノムのシーケンスとヘビ毒進化上の遺伝的浮動の役割を研究 2018年02月12日
2017年ノーベル生理学医学賞は、概日リズムを制御する分子の発見に授与 2018年02月12日
唾液タンパク質 (MUC7) の進化史から、現生人類と古代のゴースト人類との同系交配を示唆。MUC7が口腔マイクロバイオーム組成のカギ 2017年09月13日
新ツール「オプトドロップレット」で生細胞内のタンパク質凝集と相転移に光を当てる 2017年02月23日
欠損ニューロンの信号が「品質管理」系によって抑制されるメカニズム解明 2016年05月09日
がん転移に関わる細胞外基質タンパクを突き止める 2016年05月09日
疾患、がん転移に中心的役割のキナーゼ活性研究に新ツール 2016年05月09日
タンパク構造の特有の変化が転写プロセスの重要なカギに 2016年05月08日
脳細胞は危険なタンパク質凝集体をどのように分解するのか? 2016年04月20日
ノーベル化学賞はGタンパク共役受容体(GPCRs)に 2016年04月19日
心不全の高リスクと関連するタンパク質が発見される 2016年04月18日
細胞老化の謎を解く長命なタンパク質を発見 2016年04月14日
乳がんの転移を抑制するタンパクを同定 2016年04月12日
細胞死の決定的瞬間を捉える 2016年04月12日
プロテアソームが機能する詳細なメカニズムが解明された 2016年04月11日
エピジェネティック・マーカーの安定に必須である卵子タンパクがみつかる 2016年04月11日
DNA複製タンパクが有糸分裂と発ガンにも関与 2016年04月11日
糖尿病・がん・老化のプローブとなる摩訶不思議なタンパク 2016年04月10日
生物学的活性の要であるGAGプロテオグリカンの糖鎖配列が初めて解明 2016年04月07日
細胞内でのインシュリンの克明な経路が図表化 2016年03月27日
複雑な分子機械の研究に直接結合解析を採用 2016年03月27日
腫瘍まわりの微小環境中の前立腺がんタンパク質の役割が明らかに 2016年03月26日
アジレント社が革新的な超高速液体クロマトグラフィーを発表 2016年03月26日

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill