MITシンポジウムが示す、グライコバイオロジーの未来

MITシンポジウムが示す、グライコバイオロジーの未来

狭義において、グライコバイオロジーは、すべての生物に存在する糖質と糖コートされた分子、すなわち炭水化物の構造、生物学、および進化の研究です。マサチューセッツ工科大学(MIT)で最近開催されたシンポジウムが明らかにしたように、この分野は生命の基礎を形成する要素に対する科学者たちの理解を再形成する可能性のあるルネッサンスの真っ只中にあります。グライコバイオロジーという用語は元々、1980年代に炭水化物化学と生化学の伝統的な研究の融合を記述するために造られましたが、現在でははるかに広範で多分野にわたるアイデアを包含するようになっています。「グライコサイエンス」という言葉は、生物学や化学だけでなく、バイオエンジニアリング、医学、材料科学などに対するその広範な適用を反映し、急速に成長しているこの分野にとってより適切な名前かもしれません。
「これらの糖鎖が健康と疾患において非常に重要な役割を果たしていることがますます明らかになってきています。当初は困難に思えるかもしれませんが、新しいツールの考案や新しい種類の相互作用の特定は、MITの人々が持つ創造的な問題解決能力を正に要求するものです。」とMITのノバルティス化学教授であるローラ・キースリング博士(Laura Kiessling, PhD)は述べています。

身体の糖コート

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー