合成メラニンが有害な活性酸素を消去し、炎症を抑えることで、皮膚の傷の治癒を早める。

合成メラニンが有害な活性酸素を消去し、炎症を抑えることで、皮膚の傷の治癒を早める。

重度の皮膚損傷では、治癒が遅れることがあります。これは、反応性酸素種(ROS)の過剰産生により組織が損傷し、炎症が引き起こされるためです。人工的な抗酸化剤の創傷治療薬が試されていますが、生体適合性や投与方法に問題があります。
現在、研究者らは合成メラニンを用いた皮膚損傷の治療効果を試験しています。メラニンは、髪の毛、肌、目に見られる色素として知られていますが、強力な抗酸化剤であり、フリーラジカルの捕捉剤でもあります。これにより、皮膚における自然な防御機能を提供します。研究者らは、合成メラニンが創傷治癒を促進する優れた自然な選択肢となる可能性があると仮説を立てました。
2023年11月2日に公開された論文「局所的な合成メラニンの適用が組織修復を促進するメラノサイト(Topical Application of Synthetic Melanin Promotes Tissue Repair Melanocytes)」では、ノースウェスタン大学ファインバーグ医学部皮膚科のダーレン・ビヤシェフ博士(Dauren Biyashev)らは、合成メラニンを用いた治療により、皮膚損傷が著しく迅速に治癒することを報告しています。


メラニンはメラノサイトによって生産され、多くの異なる形態が存在します。皮膚では、メラニンは紫外線から保護します。また、フリーラジカルの強力な捕捉剤でもあります。活性酸素種ROSは、1つ以上の非対称電子を含むため、非常に反応性が高くなります。これらは代謝の自然な産物ですが、過剰になると細胞や組織に損傷を与えます。メラニンは電子豊富な機能基を含んでおり、ROSを無力化することで組織を有害な影響から守ります。
研究者らは、皮膚自身の修復化合物の合成版を適用することで、創傷治癒を促進できると仮説を立てました。科学者たちは、ドーパミンを重合させることによって合成メラニン粒子を作成しました(編集者注:体内では、ドーパミンはメラニン合成というプロセスを通じて自然にメラニンを形成します)。
彼らは、天然メラニンに似た非多孔質で表面積が小さいものと、より多孔質で表面積が大きいバージョンの合成メラニンを作成しました。多孔質バージョンはより効果があると予想されました。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー