皮膚自己免疫疾患治療に革命をもたらす特定免疫細胞の除去法を開発

皮膚自己免疫疾患治療に革命をもたらす特定免疫細胞の除去法を開発

皮膚自己免疫疾患を引き起こす免疫細胞を取り除き、感染症やがんと戦う保護細胞には影響を与えない新しい方法について画期的な研究が発表されました。メルボルン大学ドハーティ研究所 研究室主任兼免疫学テーマリーダーのローラ・マッケイ教授(Laura Mackay)が率いる研究チームは、異なるタイプの免疫細胞を制御する異なるメカニズムを発見し、これらのメカニズムを正確にターゲットにすることで、「問題の細胞」を選択的に排除し、皮膚の免疫環境を再構築できることを見出しました。
私たちの皮膚には、感染症やがんに対抗し、治癒を促進する特殊な免疫細胞が詰まっています。これらの細胞は、組織に留まるメモリーT細胞と呼ばれ、感染症や皮膚のがん細胞と戦うためにその場に留まります。しかし、これらの皮膚メモリーT細胞の一部が適切に制御されない場合、乾癬や白斑病などの自己免疫疾患に寄与してしまうことがあります。
メルボルン大学 ドハーティ研究所・マッケイ研究室の名誉研究員および元博士研究員のシモーネ・パーク博士(Simone Park, PhD)は、この研究の主要著者であり、動物モデルにおける皮膚メモリーT細胞のさまざまなタイプを制御するユニークな要素を初めて解明ました。これにより、潜在的な治療戦略のための正確なターゲットが提供されることになります。

「私たちの皮膚に存在する特殊な免疫細胞は多様です。多くは感染症やがんの予防に不可欠ですが、他の細胞は自己免疫疾患の媒介に大きな役割を果たしています。私たちは、皮膚T細胞の異なるタイプがどのように制御されているかの重要な違いを発見し、皮膚の免疫環境をターゲットにした方法で正確に編集することができました。」とパーク博士は述べています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー