バンドウイルカの秘められた感覚:電場を感知する驚異の能力

バンドウイルカの秘められた感覚:電場を感知する驚異の能力

尾先から生まれたバンドウイルカの子どもは、そのクジラのような鼻に沿って2列の細いひげを備えています。これはアザラシの触覚に敏感なひげとよく似ています。しかし、これらのひげは出生後まもなく抜け落ち、若いイルカには「振動孔」として知られる一連のくぼみが残ります。
最近、ドイツのロストック大学のティム・ヒュットナー氏(Tim Hüttner)とギド・デーンハルト氏(Guido Dehnhardt)は、これらのくぼみが単なる遺物以上のものかもしれないと疑い始めました。
成体のバンドウイルカは弱い電場を感知できるのでしょうか?最初に詳しく見てみると、残っているくぼみはサメが電場を検出するのに役立つ構造に似ていることに気づきました。そして、彼らが飼育下のバンドウイルカが水中の電場を感知できるかどうかを調べたところ、すべての動物が電場を感じ取りました。「それは非常に印象的だった」とデーンハルト氏は言います。
バンドウイルカが水中の生物が生成する電場にどれほど敏感であるかを知るために、デーンハルト氏とヒュットナー氏は、ニュルンベルク動物園のロレンツォ・フォン・フェルセン氏(Lorenzo von Fersen)と、ロストック大学のラース・ミールシュ氏(Lars Miersch)と協力しました。
まず、彼らは2頭のバンドウイルカ、ドナとドリーに異なる電場への感度を試験しました。これは、イルカが砂の海底に埋まった魚を検出できるかどうかを知るためです。まず、各動物に水中の金属棒に顎を休めるように訓練し、イルカに5秒以内に電場を感じたら泳ぎ去るように教えました。この電場は、イルカの鼻先のすぐ上に配置された電極によって生成されました。チームは500μV/cmから2μV/cmまで電場を徐々に減少させ、イルカが指示に従って出発した回数を記録しました。


彼らは感銘を受けました。ドナとドリーは、最も強い電場に対して同じくらい敏感で、ほとんど毎回正しく出発しました。電場が弱くなると、ドナの方がわずかに敏感であることが明らかになり、2.4μV/cmの電場を感じ取りました。一方、ドリーは5.5μV/cmの電場に気づきました。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー