赤血球に入って広がる致死性のサケ・ウイルス

2014
6月 2
(月)
22:10
水産研究のライフサイエンスニュース

赤血球に入って広がる致死性のサケ・ウイルス

最近の研究で、タイセイヨウサケと伝染性サケ貧血 (ISA) ウイルスとの間の相互作用がインフルエンザ様疾病、ISAの発症と伝染につながる仕組みが明らかにされている。この新発見は、2013年4月10日付のプレスリリースで発表されており、インフルエンザ研究一般にも応用できる可能性がある。ISAは1984年にノルウェーで初めて見つかり、今でも養殖水産業にとって深刻な脅威になっているが、養殖タイセイヨウサケの疾病としては、国際獣疫事務局に登録されている唯一の疾病である。この病気は通常一つのケージで発生し、何週間、何か月という期間で隣接するケージに広がっていく。また、この病気の治療法がまだ見つかっておらず、ISAが蔓延すると養殖業者にとって莫大な損失につながりかねない。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(4562)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    貴重なサンプルのための超低温保存ソリューションMDF-DU702VX-PJのイメージ MDF-DU702VX-PJ TwinGuard(デュアル冷却システム)を採用しています。-70℃まで冷却可能な独立冷凍回路2基(A/B)で-85℃運転。万が一片側冷凍回路にトラブルが発生しても、もう一方の冷凍回路で、約-70℃を維持します。 収納効率に優れる外扉断熱方式と、温度分布に有効な内扉を複合的に採用した新プラットフォームにより、従来機種と同様のフットプリントながら収納効率が約10%向上。700Lクラスで2インチのクライオボックスを576個収納可能です。 真空断熱材VIP Plusと新世代プラットフォームとの組み合わせによる断熱性能の向上により、消費電力を従来機種から約16%削減。ECOモードをセレクトすることで消費電力をさらに削減できます。 人間工学に基いた新開発 ...もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

バイオビジネス参入を支援しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム