免疫システムを出し抜く:病原体が細胞に侵入する驚異的な方法

免疫システムを出し抜く:病原体が細胞に侵入する驚異的な方法

インディアナ大学の研究者らは、窃盗犯が家に入るために窓を割るのに似た方法で、細胞に物理的な力を使って侵入する病原体のこれまで知られていなかったプロセスを発見しました。これは、感染を防ぐための体の免疫防御を突破するものです。
これは、結核、マラリア、クラミジアなど、壊滅的な感染症を引き起こす細胞内病原体に対する戦いにおいて、潜在的なゲームチェンジャーを紹介しています。これらの病気は、病原体が宿主細胞内に保護されているため、治療が非常に困難です。
「私たちの研究は、代表的な病原体であるトキソプラズマを使用し、一部の細胞内病原体が宿主細胞への侵入時に物理的な力を適用し、その結果、病原体が分解を回避し、細胞内で生存することを示しています。この研究は、病原体の運動性を標的とすることが、細胞内の感染と戦うための新しい方法である可能性を示唆しています。」と、インディアナ大学ブルーミントン校のアーツアンドサイエンスカレッジの化学科の教授、ヤン・ユウ博士(Yan Yu, PhD)は述べています。
通常、侵入する病原体が貪食細胞(細菌、ウイルス、その他の異物を破壊する責任のある白血球の一種)に遭遇すると、貪食細胞に捕らえられて摂取されます。このプロセスから逃れる病原体については、それらの病原体が細胞内の分解機構を「麻痺」させる「秘密の武器庫」を放出しなければならないと一般的に考えられています。
しかしながら、ユウ博士の研究は、この一般的な信念は真実ではないことを示しています。


彼女と共同研究者は、病原体が免疫細胞内で摂取されることを避けるために「推進力」を発揮することができることを発見しました。この力強い侵入により、病原体はこれらの浸潤者を分解する能力を欠いた液胞へと転移されます。液胞とは、細胞内での貯蔵や消化のために予約された構造です。
この研究を行うために、ユウ博士と同僚らは、マウス由来の細胞に病原性寄生虫トキソプラズマを導入し、蛍光顕微鏡を通してその振る舞いを観察しました。これらの生きた寄生虫は、力強く侵入して免疫細胞内で繁殖しました。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー