なぜリーシュマニア症は痛みを伴わないのか?寄生虫疾患の痛みの知覚に関する新発見

なぜリーシュマニア症は痛みを伴わないのか?寄生虫疾患の痛みの知覚に関する新発見

初めて、研究者らはリーシュマニア症による変形性の皮膚病変がなぜ痛みを伴わないのかを解明し始めました。感染していないマウスと比較して、リーシュマニア症の病変を持つマウスの皮膚を分析し、異なる代謝シグナル経路を検出しました。結果として、この病気を引き起こす寄生虫が痛みの知覚を変化させることが示唆されています。これは、治療の遅延と自らの生存を促進するための方法と考えられています。
「なぜこれらの病変が無痛なのか誰も知らないが、寄生虫が何らかの方法で宿主の生理系を操作していると考えられています。私たちのデータに基づくと、寄生虫が何かをして痛みを抑制する経路を引き起こしています。それがどのように行われているかは、まだ調査中です。」と、研究の主要著者でありオハイオ州立大学医学部の病理学教授であるアバイ・サトスカル博士(Abhay Satoskar, MD, PhD)は述べています。
この寄生虫性疾患の理解を深めることは、毎年新たに100万人の患者に影響を与えているだけでなく、新しい非麻薬性の疼痛薬の開発につながる可能性があります。
「寄生虫の存在によって生産されている可能性のある分子は、他の健康問題に対する鎮痛剤の可能性があると私たちは仮説を立てています」とサトスカル博士は述べています。


この研究は2023年11月21日にiScienceに掲載されました。オープンアクセスの論文は「リーシュマニア・メキシカーナによる皮膚病変における痛みを軽減するメタボロミクスの再プログラミングを促進する(Leishmania mexicana Promotes Pain-Reducing Metabolomic Reprogramming in Cutaneous Lesions)」と題されています。
リーシュマニア症の病変が痛みを伴わない理由についての疑問は、長年科学者たちを悩ませてきました。特に、水痘、黄色ブドウ球菌感染症、ヘルペスウイルスによる類似の水ぶくれがかゆみ、液体を分泌し、痛みを伴う場合と比較してです。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー