新テクノロジーでカビのゲノムを解析し、新薬候補を判定

2017
9月 21
(木)
13:00
微生物/ウイルス研究のバイオニュース

新テクノロジーでカビのゲノムを解析し、新薬候補を判定

カビ類は創薬にとって天然分子の豊かな宝庫ではあるが、様々な困難もあり、製薬会社もこの宝庫に手を付けることをためらってきた。

ところが現在、研究者はゲノム解析、データ解析を用いてカビが産生する分子を効率的に選別し、新しい医薬、あるいは新世代のペニシリンをさえ見つける手がかりを見つける技術を開発した。Northwestern University、University of Wisconsin-Madison、それにバイオテック会社のIntact Genomicsの研究者らが共同で行った研究結果が2017年6月12日付Nature Chemical Biologyオンライン版に掲載されている。

この論文は、「A Scalable Platform to Identify Fungal Secondary Metabolites and Their Gene Clusters (カビの二次代謝産物とその遺伝子クラスターを同定するためのスケーラブル・プラットフォーム)」と題されている。

Proteomics Center of ExcellenceのDirector、Weinberg College of Arts and SciencesおよびDivision of Hematology and Oncologyの教授を兼任するNeil Kelleher (写真), PhDは、「創薬は自然に還るべきだし、カビは新薬の宝庫だ。私達の研究でも、新薬の無尽蔵の源泉を提供するために工業レベルにまでスケールアップ可能な新しいプラットフォームを樹立した。私達の手法は、ペニシリンは新しく再発見する代わりに、体系的に新しく貴重な化合物を探しだし、その化合物を産んだ遺伝子を突き止めることだ。

そこからさらに深く追究することができる」と述べている。研究者達は、何千あるいは何百万という数のカビ由来の分子が発見されるのを待っており、その健康、社会、経済効果は計り知れないものがあると考えている。

新技術は、微生物界で何千年もかけて進化してきた強力な生物活性的分子を新薬の手がかりとして体系的に見つけ出すものである。このような小さな分子はたとえば新しい抗生物質、免疫抑制薬、高コレステロール治療薬などに結びつく可能性がある。

Dr. Kelleher は、過去4年間、Robert L. Metzenberg and Kenneth B. Raper Professor of MycologyのNancy Keller, PhDと共同研究を続けてきた。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(3107)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    機能性化粧品・医薬外品等に最適な天然物由来の生物活性低分子有機化合物を探索・供給 Greenpharma社(フランス)は、最先端のケモインフォマティクスを駆使したリバース生薬学で天然物由来の生物活性分子を探索し、エビデンスの明確な機能性化粧品・医薬外品等の開発を支援します。 Greenpharma社では、有効成分を含有する天然原料の安定確保を含め、製品開発・生産までトータルにサポートする体制が用意されています。 また既にお持ちの活性分子または天然原料について、in silico活性予測ツールを用いて新しい活用法(効能)をお探しすることも可能です。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム