脂肪組織が様々な形でがんの進行に影響と結論

2017
9月 26
(火)
10:00
臨床医学のライフサイエンスニュース

脂肪組織が様々な形でがんの進行に影響と結論

ある研究チームが総合的なレビューを行い、身体の脂肪組織が、その脂肪のタイプや体内の位置により、様々な形でがんの進行に影響しているようだと報告している。このレビューはAmerican Association for Cancer Research (AACR) のジャーナル、Cancer Prevention Researchの2017年9月号に掲載されている。この論文は、「Signals from the Adipose Microenvironment and the Obesity-Cancer Link—A Systematic Review (脂肪組織の微小環境からの信号と肥満-がんの関係—システマティック・レビュー)」と題されている。

このレビューはソルト・レーク・シティのUniversity of Utah, Huntsman Cancer Institute, Population SciencesのSenior Director, Cornelia M. Ulrich, PhDが首席著者を務めた。Dr. Ulrichは、「肥満体は世界中で急激に増えており、がんの主要リスク要因の一つと認識されるようになっている。

事実、16種のがんが肥満と結びついている。肥満とがんとの間に潜む機序を突き止めることが喫緊の重要事だ」と述べている。また、「以前の研究で、脂肪がいくつかの形でがん発生の一因になっていることが示されている」と述べている。たとえば、肥満が炎症のリスクを増大させるが、その炎症はかなり前からがんと関連があるとされている。

さらに、肥満は、がん細胞代謝や免疫クリアランスに影響すると考えられており、いずれもがんの進行とひろがりを促進する可能性がある。

また、Dr. Ulrichは、「脂肪とがん化の関係は、『シグナル混信』、つまり、2つの異なるタイプの細胞の間で複数のシグナル経路が同じ信号を共有した場合の細胞の反応の仕方に関わっている」と説明している。このシグナル混信を阻止する方法が見つかれば、新しいがん予防法の発見に寄与する可能性もある。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(2472)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



ナレッジ・ベースド・フィルターで厳選した200植物由来の800抽出物が含まれたライブラリ  Greenpharma社は最も多様性に富んだフィトケミカル製品を揃えるために、ナレッジ・ベースド・フィルターにより200植物を内因性および外因性の基準から選定しました。 これらの植物は異なる地域に自生し(外因性基準)、科・属、そして種の多様性(内因性基準)から選択されています。 オリジナリティーを高めるため、論文での引用数がまだ20以下の植物に特化しました。 Greenpharma 植物抽出物ライブラリは、植物由来の低分子の化学的多様性にアクセスする効率的ツールです。 またGreenpharma天然由来化合物ライブラリ(480のDrug-like低分子化合物を厳選したライブラリ)を補完してフィトケミカルの多様性を広げることができます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3412人
2020年03月29日 現在
新メンバー
ReikoPom 2020/3/27
なすお 2020/3/27
K2azu 2020/3/24
サンライズ 2020/3/24
Tkawa 2020/3/23
aymmt 2020/3/21
koji1024 2020/3/21
HIRO111 2020/3/20
Yasushi 2020/3/19
Hiroakiu 2020/3/19
ベアダー 2020/3/16
t100114 2020/3/13
shushu 2020/3/12
AlParka 2020/3/12
SO-20220 2020/3/12
44 人のユーザが現在オンラインです。 (35 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 44
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会