糖尿病患者におけるエクソソームの欠陥が、傷を治りにくくしている可能性

糖尿病患者におけるエクソソームの欠陥が、傷を治りにくくしている可能性

エクソソームと呼ばれる微小な胞体粒子が糖尿病患者で欠陥していると、それが炎症を引き起こし、傷の治癒を阻害する原因となることが、ピッツバーグ大学とUPMCの研究者による研究で明らかとなった。この研究は「Nanoscopic and Functional Characterization of Keratinocyte-Originating Exosomes in the Wound Fluid of Non-Diabetic and Diabetic Chronic Wound Patients(非糖尿病患者および糖尿病慢性傷患者の傷液中の角化細胞由来エクソソームのナノスケープおよび機能的特性評価)」というタイトルのNano Today誌に2023年8月16日に掲載された。

この研究は、ピッツバーグ大学の外科学准教授であるガタック博士(Dr. Subhadip Ghatak)が主導したものである。糖尿病患者の慢性的な傷において、これらの不良なエクソソームは、傷を治すのに必要な情報を細胞に伝えることができないことが発見されました。この洞察により、新しいエクソソーム中心の治療法が慢性傷の治療を促進するための新たな道が開かれることになるでしょう。

糖尿病患者におけるエクソソームの欠陥が、傷を治りにくくしている可能性 ツイートする

おすすめの記事