子宮頸がん早期診断のための新規DNAバイオセンサーを開発。電気化学センサーがヒトパピローマウイルスHPV-16とHPV-18のDNAを高い特異性で検出。

子宮頸がん早期診断のための新規DNAバイオセンサーを開発。電気化学センサーがヒトパピローマウイルスHPV-16とHPV-18のDNAを高い特異性で検出。

韓国・中央大学(Chung-Ang University)の研究者が、子宮頸がんの早期診断のための新しいDNAバイオセンサーを開発しました。この電気化学センサーは、ヒトパピローマウイルスHPV-16およびHPV-18のDNAを高い特異性で検出することが可能です。

子宮頸がんの診断は、ヒトパピローマウイルス(HPV)-16とHPV-18から産生されるターゲットDNAの検出を必要としています。この課題に取り組み、カン・ウナ博士(Eunah Kang)とキム・ヨンジュン氏(Youngjun Kim)は中央大学の化学工学および材料科学学部で、グラフィティックナノオニオンとモリブデンディスルフィド(MoS2)ナノシートの複合を用いて、HPV-16およびHPV-18を効果的に検出する電気化学DNAバイオセンサーを開発しました。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー