ファージ療法により腸内細菌叢から有害な細菌を除去しアルコール性肝疾患治療の可能性が示された

バクテリオファージ(ファージ)は、細菌を特異的に攻撃および破壊するウイルスだ。 20世紀初頭、研究者らはバクテリア感染を治療するための潜在的な方法としてファージを実験した。 しかし、その後抗生物質が出現し、ファージは不要になった。 しかし、抗生物質耐性感染の増加に伴い、研究者はファージ療法への関心を新たにした。

  ログインしてください。