RNA分子がリボソームでどのように折り畳まれているかが明らかに。 調査結果は前例のない詳細を明らかにした。

2019
12月 24
(火)
15:00
タンパク質/糖鎖研究のライフサイエンスニュース

RNA分子がリボソームでどのように折り畳まれているかが明らかに。 調査結果は前例のない詳細を明らかにした。

スクリプス研究所とスタンフォード大学の研究チームは、リボソームの組み立てにおける重要なステップをリアルタイムで記録することに成功した。これは、細胞内でタンパク質を生成する、すべての生命形態に不可欠な複雑で進化的に古代の「分子機械」である。
Cell誌で2019年11月21日に報告されたこの成果は、本質的に粘着性でミスフォールドしやすい細胞分子であるリボ核酸(RNA)の鎖が、リボソームタンパク質によって「シャペロン化」されて適切に折り畳まれ、リボソームの主要コンポーネントの1つを形成することを、前例のないほど詳細に明らかにした。
このCell誌の論文は「一過性タンパク質 - RNA相互作用ガイド新生リボソームRNAフォールディング(Transient Protein-RNA Interactions Guide Nascent Ribosomal RNA Folding)」と題されている。

この発見は、リボソームが厳密に制御された段階的なプロセスで組み立てられるという長年の信念を覆すものだ。 「この分野で支配的な理論であったものとは対照的に、はるかに混沌としたプロセスを明らかにした」と、スクリプス研究所の統合構造および計算生物学の教授であるJames R. Williamson博士は言う。
「それは、洗練されたデトロイトの自動車組立ラインではなく、ウォール街のトレーディングピットのようなものだ。」
この研究のために、Williamson博士の研究室は、スタンフォード大学の教授であるJoseph Puglisi 博士の研究室と協力した。 この研究は基礎細胞生物学の重要な偉業だが、医学の重要な進歩をも可能にするはずだ。
たとえば、いくつかの現在の抗生物質は、細菌のリボソームを阻害することで機能する。 この新しい研究により、細菌のリボソームをより高い特異性で標的とする、将来の抗生物質を設計する可能性が開かれ、副作用が少なくできる。 より一般的には、この研究は生物学者にRNA分子の研究への強力な新しいアプローチを提供する。RNA分子の研究は、典型的な細胞でいつでも数十万個が活発である。
「これは、RNAが合成中にどのように折り畳まれ、タンパク質がそれらに集合するかを詳細に調べることができることを示している」と、スクリプス研究所の統合構造・計算生物学部門のポスドク研究員であるOlivier Duss 博士 は述べた。
「これは、互いに依存し、同時に検出する必要があるいくつかの異なる生物学的プロセスを伴うため、生物学で研究することは非常に困難なことだった。」

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(522)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅広い生物種の抗体精製にご利用いただけます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3385人
2020年02月22日 現在
新メンバー
おまんじゅう 2020/2/21
tohnukk 2020/2/19
kmaradon 2020/2/17
やまっち 2020/2/17
仙風 2020/2/16
satomako 2020/2/13
orgchem 2020/2/7
HIRAkazu 2020/2/5
maemae 2020/2/4
nagatake 2020/1/30
sakanoue 2020/1/29
Hiroada 2020/1/28
bluez 2020/1/26
hirori 2020/1/25
bwongwoo 2020/1/23
75 人のユーザが現在オンラインです。 (57 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 75
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会