テロメラーゼの新たな役割が明らかに。テロメラーゼは正常細胞の細胞死の直前に一過性誘導され、より緩やかな細胞死をもたらす。

メリーランド大学(UMD)と国立衛生研究所の新しい研究により、酵素テロメラーゼの新しい役割が明らかになった。 これまで正常組織におけるテロメラーゼの唯一の既知の役割は、胚細胞、精子細胞、成体幹細胞、免疫細胞など、定期的に分裂する特定の細胞を保護することとされていた。 科学者は、無制限の細胞分裂を促進する癌性腫瘍を除き、他のすべての細胞ではテロメラーゼがオフになっていると考えていた。

  ログインしてください。