左利きに関連した4つの遺伝子領域が特定された

2019
10月 3
(木)
10:50
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

左利きに関連した4つの遺伝子領域が特定された

新たな研究により、一般集団の左利きに関連するゲノム領域が初めて特定され、その影響が脳の構造と関連付けられた。 この研究は、これらの遺伝的違いを、言語に関連する脳の領域間のつながりと関連付けるものだ。
遺伝子が利き手の決定に部分的な役割を担っていることはすでに知られていた。双子の研究では、利き手の変化の25%は遺伝子に起因すると推定されている。しかし、これらの遺伝子は一般集団では確立されていなかった。
このオックスフォード大学の医学研究評議会とウェルカム財団から資金提供を受けた研究者が率いる新しい研究は、2019年9月5日に Brain誌でオンラインで公開された。 この研究では、38,332人の左利きを含むUK Biobankの約40万人のゲノムを分析することによって、左利きに関連する遺伝的変異のいくつかを特定した。 このオープンアクセスの論文は、「利き手、言語領域および神経精神病:脳画像と遺伝学からの洞察(Handedness, Language Areas, and Neuropsychiatric Diseases: Insights from Brain Imaging and Genetics)」と題されている。

特定された4つの遺伝的領域のうち、3つは脳の発達と構造に関与するタンパク質に関連していた。 特に、これらのタンパク質は、細胞骨格と呼ばれる細胞内の足場の一部である微小管に関連しており、細胞骨格の構築と機能を体内で誘導する。 参加者の約10,000人からの詳細な脳画像を使用して、これらの遺伝的影響が言語関連領域を結合する脳の細胞骨格を含む白質領域の脳構造の違いに関連していることを発見した。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(445)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗体を導入できます。 Ab-Carrierは、高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスのIgGを生細胞に導入できます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3343人
2019年11月23日 現在
新メンバー
BOS2016 2019/11/23
ks1991 2019/11/21
ひろ 2019/11/14
すなねずみ 2019/11/12
ryuusei 2019/11/12
mommy 2019/11/12
akitsu-n 2019/11/11
Kunio 2019/11/8
kmatsu 2019/11/7
itohhh 2019/11/7
sugiyann 2019/11/6
daisuke 2019/11/6
mille 2019/11/5
Pengust 2019/11/1
c710082 2019/10/28
17 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 17
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会