重度アナフィラキシーショックの新しい分子メカニズムが解明された

アナフィラキシーは、皮膚、胃腸管、呼吸器系、そして心臓血管系に影響を与える可能性がある全身性アレルギー反応だ。 アナフィラキシーの最も重篤な形態はアナフィラキシーショックであり、これは低血圧を特徴とし、死を引き起こす可能性がある。 この反応には、食物、薬、昆虫の毒に対するアレルギー反応など、いくつかの原因が考えられる。これらの反応の重症を引き起こす分子メカニズムは未だ不明だ。バルセロナ大学(UB)とIDIBAPS(August Pi i Sunyer Biomedical Research Institute)の研究者が主導した研究では、アシナガバチ(Polistes dominula)の毒に対するアレルギーによって引き起こされた再発性アナフィラキシーショックに苦しむ患者で検出された遺伝子突然変異を分析した 。

  ログインしてください。