重度アナフィラキシーショックの新しい分子メカニズムが解明された

重度アナフィラキシーショックの新しい分子メカニズムが解明された

アナフィラキシーは、皮膚、胃腸管、呼吸器系、そして心臓血管系に影響を与える可能性がある全身性アレルギー反応だ。 アナフィラキシーの最も重篤な形態はアナフィラキシーショックであり、これは低血圧を特徴とし、死を引き起こす可能性がある。 この反応には、食物、薬、昆虫の毒に対するアレルギー反応など、いくつかの原因が考えられる。これらの反応の重症を引き起こす分子メカニズムは未だ不明だ。バルセロナ大学(UB)とIDIBAPS(August Pi i Sunyer Biomedical Research Institute)の研究者が主導した研究では、アシナガバチ(Polistes dominula)の毒に対するアレルギーによって引き起こされた再発性アナフィラキシーショックに苦しむ患者で検出された遺伝子突然変異を分析した 。



2020年12月29日にJournal of Allergy and Clinical Immunologyのオンラインで公開された研究結果は、アナフィラキシー反応の重症度を制御できる新しい分子メカニズムを明らかにした(ログインして画像を参照のこと)。 この研究は、UBとIDIBAPSの研究者であるMargarita Martín博士とRosa Muñoz-Cano医学博士が主導した。 どちらも、カルロス3世研究所の喘息、アレルギー、および有害反応ネットワーク(ARADyAL)のメンバーだ。 この論文は「KARSの突然変異:重度のアナフィラキシーの新しいメカニズム(Mutation in KARS: A Novel Mechanism for Severe Anaphylaxis.)」と題されている。

研究者らは、患者で検出されたKARS遺伝子(リシルtRNAシンテターゼ、LysRSをコードする)の変異の生化学的、機能的、および構造的特性評価を実施した。
「この研究は、重度のアナフィラキシーの患者からの臨床データとKARS遺伝子の突然変異キャリアを、この遺伝子によってコードされるLysRSタンパク質の異常な機能を示す生化学的、機能的、および構造的データと組み合わせている」とMartín博士は述べている。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)