類まれな作曲家のDNAが語る遺伝学とは?ベートーヴェンの遺伝子から学ぶ音楽的才能の謎

類まれな作曲家のDNAが語る遺伝学とは?ベートーヴェンの遺伝子から学ぶ音楽的才能の謎

ベートーヴェンは、人類史上で最も称賛される音楽家の一人ですが、ビートの同期に関する遺伝的傾向が低いと、バンダービルト大学医療センター(VUMC)と、ドイツのフランクフルトにあるマックス・プランク感覚美学研究所、およびオランダのナイメーヘンにあるマックス・プランク心理言語学研究所が共同執筆したCurrent Biology誌の研究で示されました。このオープンアクセス論文は2024年3月25日に公開され、「Notes from Beethoven’s Genome(ベートーヴェンのゲノムからのノート)」と題されています。

人間の非凡な成就がどの程度遺伝要因によって影響を受けるかという問いは、人類遺伝学の初期から存在しますが、今日では現代の分子方法によって歴史を通じて個々のDNAを分析することが可能になり、より容易に対処できるようになりました。国際的な研究チームは、2023年の研究でベートーヴェンの髪の毛から抽出された遺伝物質を使用して、彼の遺伝的な音楽的傾向を調査しました。この能力は音楽性に密接に関連しています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)