ミツバチは触角を使って巣の仲間の暗闇でのダンスを解読する

ミツバチは触角を使って巣の仲間の暗闇でのダンスを解読する

ハチミツ蜂が、彼らの巣の仲間によって伝えられた食料への方向を示すダンスをどのように解読できるかを科学者らが発見しました。この発見は、巣の完全な暗闇の中で、各蜂がその触角を使用してダンスを通じて伝えられる情報を解釈するのに役立つ方法を明らかにしました。何十年もの間、ハチミツ蜂がいわゆるワグルダンスを行っていることが知られています。これは、彼らの動きと巣の上の方向性が、巣の外にある食料への方向と距離を示すものです。しかし、これまで、ワグルダンスを取り巻く蜂たちがどのようにして情報の意味を理解するのかは不明でした。

蜂がどのようにコミュニケーションを取っているかをより深く理解することで、科学者らは、生息地の喪失や農薬の使用などの問題が蜂が食料を見つける能力にどのように影響するかをよりよく理解することができると言います。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)