ヘリコニウス蝶の交配好みに影響を与える遺伝子を発見

ヘリコニウス蝶の交配好みに影響を与える遺伝子を発見

進化生物学者が初めて、熱帯のチョウの視覚嗜好に影響を与える遺伝子を特定しました。ヘリコニウス蝶は、その鮮やかな翼の色彩パターンでよく知られています。これらの顕著な色彩パターンは、捕食者を威嚇するだけでなく(蝶は有毒であり、鳥にとっては不味いです)、交配相手の選択時にも重要なシグナルとなります。

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU Munich)のリヒャルト・メリル博士(Richard Merrill, PhD)が率いるチームは、ボゴタのロサリオ大学(コロンビア)とスミソニアン熱帯研究所(パナマ)の研究者らと協力して、様々なヘリコニウス種の警告パターンの多様性を利用して、これらの好みの遺伝的基礎を調査し、視覚に基づく行動の進化的変化に直接関連する遺伝子を特定しました。これは動物においてそのような関連性が示された初めての例です。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)