アシナガバチの行動研究が示す、社会性と認知能力の進化的関連

アシナガバチの行動研究が示す、社会性と認知能力の進化的関連

アシナガバチの社会的相互作用は動物を賢くする可能性があることが新研究で明らかになりました。この研究は、個体を識別する能力と社会的協力との間に進化的な関連があるという行動的証拠を提供しています。さらに、互いを認識し、より多く協力するハチの集団は、学習、記憶、視覚といった認知能力に関連する脳の領域で、最近の適応(正の選択)があったことをゲノムシーケンシングが明らかにしました。
この研究は、アシナガバチ(Polistes fuscatus)の2つの異なる集団に焦点を当てています。一つは、個体が外見上より均一なルイジアナ州の南部の集団、もう一つは、個体が顔に多様な色のパターンを持つニューヨーク州イサカの北部の集団です。一連の実験により、南部の集団とは異なり、北部の集団は個体を認識し、一部のメンバーと社会的に協力していることが示されました。
「北部の集団における認知、学習、記憶に対する強い最近の正の選択の証拠は、南部の集団と比較してはるかに強い」と、コーネル大学の神経生物学と行動の准教授であるマイケル・シーハン博士(Michael Sheehan, PhD)は述べています。
北部と南部の集団は同じ種であるにもかかわらず、外見は大きく異なります。南部のアシナガバチは、顔に非常に類似した赤い色のパターンを持ちます。一方、北部のものは黒と黄色のパターンを持ちます。


「北に行くほど、個体の色のパターンが多様になります。カロライナ辺りから大きく変わり始め、北に行くほどさらに多様になります」とシーハン博士は言います。イサカの集団では、各個体はかなり特徴的です。
イサカの集団に対する行動研究は実験室で行われ、その後ルイジアナの他の集団にも行われました。4日間にわたり、ハチは見知らぬハチに編入され、その攻撃性のレベルが記録されました。アシナガバチが初めて出会うとき、彼らはしばしば噛みついたり平手打ちで戦います。後日に、ハチは見知らぬハチに再度編入され、それから以前会ったハチと再び一緒にされ、最後に別の見知らぬハチと一緒にされました。
北部の集団のハチは見知らぬハチに対して攻撃的でしたが、以前会ったハチに対してはかなり攻撃性が低かったことがわかりました。「南部の集団の個体はすべてのハチを同じように扱います。それまでにその特定の個体に会った結果として振る舞いを変える証拠は見られませんでした。つまり、彼らはその個体を認識していないということを示唆しています。」とシーハン博士は述べています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー