マラリア寄生虫が後続感染を抑制するメカニズムを解明

マラリア寄生虫が後続感染を抑制するメカニズムを解明

マラリアは、世界中で何百万もの人々に影響を与える深刻な病気です。この病気を引き起こす寄生虫がどのように体内で動き、病気を引き起こすのかについては、まだ多くのことが未解明です。しかし、シアトル子供病院研究所のグローバル感染症研究センター(Center for Global Infectious Disease Research, Seattle Children’s Research Institute)の科学者らは、血液中のマラリア寄生虫が後続の感染からの寄生虫の発展を抑制することを発見しました。この発見により、特にマラリアが流行している地域での生ワクチンの開発に新たな道が開けました。

シアトル子供病院研究所の研究者らは、血液中のマラリア寄生虫(malaria parasites)が後続の感染からの寄生虫の発展を抑制することを発見しました。この抑制は、血液中の感染によって活性化される宿主のインターフェロン(interferons)によって媒介されます。この発見は、特にマラリアが流行している地域での生ワクチン(live-attenuated Plasmodium parasite vaccines)の開発に重要な意味を持つとされています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)