ヒスパニック/ラテン系の子どもたちにおける急性リンパ芽球性白血病リスクを高める遺伝子変異の発見

ヒスパニック/ラテン系の子どもたちにおける急性リンパ芽球性白血病リスクを高める遺伝子変異の発見

IKZF1遺伝子に存在するこの変異体は、ヒスパニック系/ラテン系の子供たちが急性リンパ芽球性白血病のリスクが高い理由を説明するのに役立ち、この病気の原因に関する洞察を与えてくれる。

急性リンパ芽球性白血病(ALL)は、最も一般的な小児がんであり、アメリカ合衆国においてはヒスパニック/ラテン系の子どもたちに不釣り合いに多く影響しています。ヒスパニック/ラテン系の子どもたちは、非ヒスパニック白人の子どもたちに比べてALLになる可能性が30〜40%高いとされていますが、その増加したリスクの正確な遺伝的基盤や原因は不明です。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)