大腸癌の根底にある腸内微生物の重要な役割が明らかに

2020
6月 24
(水)
11:10
臨床医学のバイオニュース

大腸癌の根底にある腸内微生物の重要な役割が明らかに

VIB-UGent Center for Inflammation Researchとゲント大学の研究グループによる共同研究により大腸癌を引き起こす新しいメカニズムが明らかになった。 研究者らは、タンパク質Zeb2(ジンクフィンガーEボックス結合ホメオボックス2)の異常な発現が、腸壁または『上皮』の完全性に影響を与えることを発見した。
この上皮は通常、腸内微生物による浸潤を防ぐバリアとして機能する。 Zeb2はこの障壁を弱め、浸潤性細菌が癌の進行を引き起こす炎症を引き起こすことを可能にする。 科学者らは免疫系の操作または微生物相の除去が癌の発生を防ぐことができることを実証した。 これらの調査結果は新しい治療法につながる可能性がある。2020年6月15日にNature Cancerに掲載されたこの論文は「Zeb2が侵襲性Aad微生物叢依存性結腸癌を促進する(Zeb2 Drives Invasive Aad Microbiota-Dependent Colon Carcinoma.)」と題されている。

Geert van Loo教授、Lars Vereecke教授、Geert Berx教授の研究グループ間の共同研究により、タンパク質Zeb2が結腸直腸癌の考えられる原因であることが確認された。 彼らは、マウスの腸の上皮細胞におけるこのタンパク質の異常な発現が結腸直腸癌を誘発する可能性があることを示した。 Zeb2は、腸壁の完全性を不安定にし、細菌が組織に浸透して炎症反応を引き起こすことを可能にする。 これは上皮細胞の異常増殖を引き起こし、最終的には悪性腸腫瘍の発生につながる。 重要なのは、腸内細菌を殺すために広域抗生物質でマウスを治療することによって、または完全な無菌状態でマウスを飼育することによって、癌の発症を完全に防ぐことができるということだ。
Berx教授(CRIG / UGent)は、次のように述べている。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(452)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    構造多様な480の生物活性低分子有機化合物を厳選/機能性化粧品・医薬外品向けバルク供給も可能 Greenpharma天然有機化合物ライブラリーは、Greenpharma社のケモインフォマティクス・医薬品化学・生薬学の専門知識を駆使して作製された、多様で純粋な天然物由来の低分子有機化合物ライブラリーです。 Greenpharma社が保有するデータベースには、約15万種の天然有機化合物の構造が集積されており、化学的に多様な生物活性化合物のサブセットを選抜しました。 この中には、アミノ酸、ペプチド、核酸、長鎖脂肪、金属は含まれていません。より多くの異なるフィトケミカルファミリーが含まれるように厳選されています。もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム