前癌性大腸ポリープと腸内細菌の接点を解明した最新研究

前癌性大腸ポリープと腸内細菌の接点を解明した最新研究

マサチューセッツ工科大学(Mass General Brigham)の研究者らが行った最新の研究により、特定の腸内細菌が前癌性大腸ポリープの発生と関連していることが明らかになりました。この研究結果は、2023年4月30日にCell Host & Microbe誌に発表されました。この論文のタイトルは「Association of Distinct Microbial Signatures with Premalignant Colorectal Adenomas(前悪性度大腸腺腫と異なる微生物シグネチャーの関連性)」です。

ダニエル・C・チャン医学博士は共著者として、「腸内マイクロバイオームと癌の関係を理解するために、私たちは多くの研究を行ってきました。しかしこの新しい研究は、前癌性ポリープに対するマイクロバイオームの影響を理解するためのものです。」と述べました。「マイクロバイオームを介して、大腸癌の形成に関与し、予防する機会を得ることができるのです。」

前癌性大腸ポリープと腸内細菌の接点を解明した最新研究 ツイートする