PCRせずに現場でエボラウイルス検出が行えるチップデバイスを開発

2015
11月 16
(月)
17:00
微生物/ウイルス研究のライフサイエンスニュース

PCRせずに現場でエボラウイルス検出が行えるチップデバイスを開発

University of California, Santa Cruz (UC Santa Cruz) の研究者らを中心とするチームが、エボラその他の病原ウイルスを検出できる信頼性の高いチップ・ベースの技術を開発した。このシステムはウイルス分子を直接光学的に検出する方法を採っており、エボラ出血熱のような疫病の広がりを緊急に防止しなければならない現場における迅速正確なウイルス検出のために、扱いが簡単で持ち運びのできる機器に組み込むこともできる。エボラウイルスその他の出血熱ウイルスの試料を用いたラボでの試験でも、実用レベルの臨床アッセイに必要とされる感度と特異度を示した。この研究の論文は、2015年9月25日付Nature Scientific Reportsのオープン・アクセス論文として発表され、「Optofluidic Analysis System for Amplification-Free, Direct Detection of Ebola Infection (増幅不要なエボラ感染の直接検出用流体光学分析システム)」と題されている。

 

続きを読む
ログインしてください


    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « »

    閲覧(2349)

    おすすめ製品・サービス

    ArcherDX FusionPlex融合遺伝子検出アッセイ
    次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。 このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。 Archer FusionPlexアッセ ...

    おすすめ製品・サービス

    抗体トランスフェクション試薬 Ab-Carrier
    抗体トランスフェクション試薬Ab-Carrierは、生細胞内への抗体導入試薬です。 プロテノバが独自に開発した膜透過性人工ペプチドの機能により、細胞毒性を抑制しつつ簡単に効率良く抗体を導入できます。 Ab-Carrierは、高い膜透過活性とIgG 結合活性を有するので、非常に効率よく種々の動物種やサブクラスのIgGを生細胞に導入できます。
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      3120人
      2019年01月16日 現在
      新メンバー
      ビリジェ 2019/1/16
      hosap 2019/1/15
      きょ 2019/1/13
      koyo yam 2019/1/13
      bu2-gin 2019/1/10
      くっすん 2019/1/10
      sho-ken 2019/1/9
      ねこじゃらし 2019/1/8
      15 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 15
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。