豚は顕著なレベルの行動的、精神的柔軟性を有している可能性

豚は顕著なレベルの行動的、精神的柔軟性を有している可能性

豚はおそらく飛ぶことはできないだろうが、新研究では、イノシシ属内のいくつかの種が驚くべきレベルの行動的および精神的柔軟性を持っているかもしれないことを明らかにしている。 2021年2月11日にFrontiers in Psychologyのオンラインで公開された研究では、4頭の豚が簡単なジョイスティック対応のビデオゲームをプレイできるかどうかをテストした。 この論文は「豚(イノシシ)によるジョイスティック操作のビデオタスクの取得(Acquisition of a Joystick-Operated Video Task by Pigs (Sus scrofa).)」と題されている。知能を分析するためにヒト以外の霊長類に通常与えられるタスクの器用さは限られているにもかかわらず、各動物はある程度の概念的理解を示した。 この研究には、ハムレットとオムレツという名前の2頭のヨークシャー豚と、エボニーとアイボリーという名前の2頭のパネピントミニ豚が含まれていた。

4匹の動物はすべて、実験の最初の段階で、コンピューターのモニターの前でジョイスティックに近づき、鼻を使って操作するように訓練された。
次に、ジョイスティックを使用して画面上の最大4つのターゲット壁に向かってカーソルを移動するビデオゲームのプレイ方法を学んだ。 各ブタは偶然をはるかに超えてタスクを実行した。これは、ジョイスティックの動きがコンピューター画面のカーソルに接続されていることを動物が理解したことを示している。

この研究を共同執筆したのは、インディアナ州にあるパデュー大学の教授でありパデュー動物福祉科学センターの所長であるCandace Croney博士と、チンパンジーの認知に関する研究で知られるSarah T. Boysen 博士だ。この研究者らによると、向かい合せの親指のないこれらの先見の明のある動物が、仕事で成功することができたという事実は「注目に値する」という。 「動物が行っている行動が他の場所に影響を及ぼしているという概念を理解することは、動物にとって小さな偉業ではない。豚がこれをある程度行うことができるということは、彼らが他に何を学ぶことができるか、そしてそのような学習が彼らにどのように影響するかについて我々に一時停止を与えるはずだ。」と述べた。

科学者は、「おいで」や「お座り」などの犬に教えられるのと同じ種類の基本的な服従命令から、ゲームのルールが変わったときに行動を変える必要があるより複雑な行動まで、豚がさまざまな種類の学習ができることをすでに知っている。 ある研究では、豚が鏡を使って囲いの中に隠された餌を見つけることができることさえ示されている、とCroney 博士は述べた。

おすすめの記事

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill