ハダカデバネズミの長寿と超がん化耐性の謎が老化の整序化で解明できるかもしれない

大きな出っ歯、シワだらけで毛が無い身体。こんなハダカデバネズミは「かわいい齧歯類」コンテストでとても勝てそうにない。しかし、ハダカデバネズミの寿命は齧歯類としては最長の30年という長寿であり、加齢性の疾患に驚くほどの耐性があるため、加齢とがんという謎を解くカギを与えてくれている。それこそが、University of Rochester のVera Gorbunova, PhD、Andrei Seluanov, PhDら生物学教授とポスドク研究員のYang Zhao, PhDのハダカデバネズミ研究の動機であり、2018年2月5日付PNASオンライン版に掲載された研究論文の筆頭著者、Dr. Zhaoは、「この齧歯類で、細胞老化と呼ばれる抗がんメカニズムが見られるだろうか? 見られるとすれば、そのメカニズムはマウスのような寿命の短い動物とどのように異なるのだろうか、ということを調べた」と述べている。

  ログインしてください。